• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

役人を見限り始めた中国の庶民たち

贈答品で便宜を図る時代の終焉

2015年1月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

上海都心部の書店には、腐敗撲滅など国政の運営を語る習近平国家主席の著作と並んで、トマ・ピケティ氏のベストセラー「21世紀の資本」が平積みされていた

 「中国生活モノがたり」と銘打ったコラムなのだから、年明け第1弾ぐらいは2015年に流行りそうなモノを占うマネゴトでもできないものかと上海の町をあてもなくブラついていたところ、新聞スタンドである雑誌の表紙が目に留まった。「新周刊」という広東省で編集されている雑誌が「2015年贈り物指南」という特集を組んでいて、「キーワードは『目立たず・プチぜいたく』」とぶち上げていた。習近平国家主席が音頭を取って展開している役人のぜいたく禁止キャンペーンを意識したキーワードであるのは明らかだった。ぜいたく禁止キャンペーンとは、豪華な接待や経費の無駄遣い、贈答の自粛をも求めるもので、中国全土で倹約の徹底が叫ばれている。

 いいネタ本を見つけたと早速買い求めてパラパラめくってみた。役人に対する贈り物と限定しているわけではなく、予算を100元(1900円)、1000元(1万9000円)、1万元(19万円)、10万元(190万円)、100万元(1900万円)の5つに区分、さらに贈る相手を「家族・親戚」「友達」「ビジネス」の3つのカテゴリーに分け、それぞれに5つずつ、合計75のモノやサービスを編集部の選んだ贈り物として挙げている。

 ただ、「ぜいたく禁止キャンペーン以降、贈るか贈らないか、贈るとしたら何を贈ればいいのかが問題だ」と書いていることから、役人への贈り物に頭を悩ませているであろう人々を念頭に置いた特集であるのは明白だ。その上で、「以前はとにかく高いモノが求められたが、今は贈る相手にカスタマイズしたモノが求められる」など、「目立たず・プチぜいたく」がキーワードだと言いながら、単に既製品を買うよりもなおさらお金がかかりそうなことを言っている。「役人への過度な贈り物はまずいけど、バブルなんだから消費は楽しまなきゃね」という、いまの中国人の意識が透けて見えるような提案をしている。

 提案しているモノを見ても、例えば「100元(ビジネス)」のカテゴリーでは「モレスキンのノート」、「1000元(友達)」には「5つ星ホテルで英国式アフタヌーンティー」、「1万元(家族・親戚)」では「豪華コンパートメントで行くオリエント急行ロンドン・ベニス車中3泊の旅」、「10万元(ビジネス)」では「スイスで受ける羊胎盤アンチエイジング」、「100万元(ビジネス)」では「サラブレッドの競走馬を買う」など。やはりどこかバブリーだ。

 さて、この75の提案の中で、合わせて10の日本のモノやサービスが推薦されている。うち1つは「バーバリーのハンカチ」で日本のブランドではないが、寸評を読むと、三陽商会が今年の6月までライセンス生産するモノのようなのでこれも含めた。日本の読者は興味があると思うので、価格と製品につけられている寸評を要約して紹介してみよう。

コメント3

「中国生活「モノ」がたり~速写中国制造」のバックナンバー

一覧

「役人を見限り始めた中国の庶民たち」の著者

山田 泰司

山田 泰司(やまだ・やすじ)

著述業/EMSOne編集長

1992~2000年香港で邦字紙記者。2001年の上海在住後は、中国国営雑誌「美化生活」編集記者、月刊誌「CHAI」編集長などを経てフリーに。2010年からは、「EMSOne」編集長も務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)