• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新型アルトのデザインをどう読むか

走りが楽しいオートマのマニュアル

2015年1月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

スズキが2014年12月に発売した新型「アルト」の外観

 発売前からこれほどデザインが話題になるクルマも珍しい。2014年12月にスズキが発売した軽乗用車の新型「アルト」のことだ。アルトといえば、筆者がまだ高校生だった1979年に「47万円」という当時としても衝撃的な価格で登場した記憶が新しい。とにかく、安い、シンプルというイメージのアルトだが、デザインで話題になるのは初めてのことではないか。すでに発売の1週間ほど前から、販売店で発売前に配布され始めたパンフレットの画像が出回るようになり、これがあちこちで転載されて取り上げられたのだ(記事例はこちら)。

 で、そのデザインだが、確かに従来型アルトの、曲線的な「かわいい」デザインとは一線を画している。またネット上では「1960年代、1970年代を思わせる懐かしいデザイン」という声が多い。新型アルトのデザインに関しては、2014年6月の日刊工業新聞で、ドイツ・アウディ社のデザイナーだった和田智氏のデザインだと報じられた。このことについて、スズキは公式には肯定も否定もしないが、もしそうだとするといろいろと納得がいく。

 筆者は以前、和田氏にインタビューしたことがあるのだが、そのときに和田氏が語っていたのは、日本車は「新しさ」を重視するが、クルマのデザインでは新しさよりも「美しさ」を重視すべきであり、またクルマのデザインは、そのブランドの「ヘリテイジ」を尊重しなければならないというものだ。

 見る人によって注目するポイントは異なるだろうが、筆者は新型アルトのヘッドランプのデザインに、1970年代初期のスズキの軽自動車「フロンテ」をイメージしたし、リアドアのサイドウインドーのデザインが後ろに向けて跳ね上がるデザインからは、「フロンテクーペ」を連想した。過去のクルマのデザインからエッセンスを抽出し、それを新型車のデザインに昇華させるという手法は、和田氏がアウディ社に在籍中から実践してきたものであり、今回スズキのデザインにあたって同様の手法を用いたとしても、何も不思議はない。

 もっとも、アルトの商品企画担当者は「レトロ調」のデザインにしたつもりはないという。同社が今回のアルトで追求したのは、軽自動車でも背の高いワゴンタイプのクルマが主流となる中で、背の低いセダンタイプの軽自動車ならではの魅力とは何か、ということだった。その結果浮かび上がったのが、車体が軽量で空気抵抗も少ないことを生かした燃費の良さと、デザインの魅力の追求だった。そのデザインの狙いは、改めて「アルトらしさ」を突き詰めたことだという。

 消費者にアルトのイメージを聞くと、最近の曲線的なデザインのモデルではなく、初代や2代目の直線的なデザインのモデルを思い浮かべる人が多かったという。このことから、新型アルトでは原点に返り、直線的なデザインを採用したと同担当者は説明する。少なくとも、最近の軽自動車の中で、筆者はかなり魅力的に感じた。

世界の完成車メーカーが開発を競う「自動運転」。しかし、それがもたらすのは、単にラクで安全なドライブの実現だけではありません。人々がクルマを買わなくなり、電気無人タクシーが街を走り回り、無人トラックが物流を担う、そんな「見たこともない未来」へとつながる可能性があるのです。
自動運転技術がもたらす未来を描く 「自動運転 ライフスタイルから電気自動車まで、すべてを変える破壊的イノベーション」 好評発売中です。

コメント15

「クルマのうんテク」のバックナンバー

一覧

「新型アルトのデザインをどう読むか」の著者

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎(つるはら・よしろう)

オートインサイト代表

1985年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社、2004年に自動車技術の専門情報誌の創刊を担当。編集長として約10年にわたって、同誌の編集に従事。2014年4月に独立、オートインサイトを設立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長