• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

170万円もする軽乗用車2台の価値は?

ドイツ車みたいなムーヴ、アメ車みたいなスラッシュ

2015年2月3日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「ムーヴ カスタム RS “ハイパーSA”」(上)と「N-BOX SLASH X(2トーンカラースタイル)」(下)。どちらも価格が170万円近い高級な軽自動車だ。(写真提供:ダイハツ工業、ホンダ)

 前回のスズキ「アルト」に引き続き、2回続けて軽自動車を取り上げる。昨年末に軽自動車の新型車が相次いで発売されたこともあるが、なにしろ、2014年は日本で販売された自動車の中で、ついに軽自動車の比率が4割を超えた歴史的な年でもある。この連載も今回で19回目になるが、その中で軽自動車を取り上げたのは今回も含めてやっと4回目。国内での販売比率に比べたらまだまだ少ない。今後も軽自動車を取り上げることは増えるだろう。

 前回取り上げたアルトは、価格が84万7800円からというリーズナブルな軽の代表格だったのに対して、今回は価格が170万円前後と、アルトのベースグレードの約2倍もする「高い軽」の実力と、その価値について考えてみたい。10年くらい前までは、クルマの価格とエンジンの大きさには大ざっぱな比例関係があったと思う。例えば1.3Lエンジン車なら130万円、1.5Lエンジン車だと150万円、2.0L車だと200万円、といった具合である。もちろん、当時でも排気量0.66Lの軽自動車は66万円というわけにはいかなかったが、売れ筋グレードで90~100万円というところだった。

 ところが、今回取り上げるダイハツ工業「ムーヴ カスタム RS “ハイパーSA”」は166万8600円、ホンダの「N-BOX SLASH X」は165万円もする。ホンダ「フィットハイブリッド」のベースモデルの価格が168万1700円だから、これにほぼ匹敵し、ハイブリッドでないフィットの売れ筋グレードである「13G・Fパッケージ」の 142万円に比べれば20万円以上も高い。

 もっともこれは「軽は安いクルマ」という筆者の感覚が古いのだろう。もはや国内販売の4割を占めるとなれば、安いクルマもあれば、高いクルマもあって当然である。むしろ、160万~170万円で装備も機能も充実したクルマが買えて、なおかつ維持費が安いとなれば、お買い得、という見方もできるだろう。

世界の完成車メーカーが開発を競う「自動運転」。しかし、それがもたらすのは、単にラクで安全なドライブの実現だけではありません。人々がクルマを買わなくなり、電気無人タクシーが街を走り回り、無人トラックが物流を担う、そんな「見たこともない未来」へとつながる可能性があるのです。
自動運転技術がもたらす未来を描く 「自動運転 ライフスタイルから電気自動車まで、すべてを変える破壊的イノベーション」 好評発売中です。

コメント12件コメント/レビュー

170万の軽自動車を買おうとする人がイメージできない。車に170万出せるということは自動車税や重量税は問題じゃないだろうし。車庫が狭いか家までの道が狭いのか。軽自動車は技術的にはすばらしい商品かもしれないが、国外に出すには仕様以前に見た目が問題になると思う。軽という規格は国が決めたとはいえ、日本のメーカーはかなり特殊な客を相手にしている、ということなのだろう。アメリカのサッカーマムの間で一時的に普及したスライドドアのミニバンが、疲れた残念な教育ママみたいに見られるのが嫌、というような理由でスライドドアが一気に売れなくなった、みたいな話を聞いたことがあるが、日本ではそういう意識で車選びしてる人がどれだけいるのだろうか。乗る車によってどう見られるか、母である以前に女としてどう見られるか。車の位置づけが違うとはいえ、日本の女性には理解できない人が多そうだ。(2015/02/03)

「クルマのうんテク」のバックナンバー

一覧

「170万円もする軽乗用車2台の価値は?」の著者

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎(つるはら・よしろう)

オートインサイト代表

1985年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社、2004年に自動車技術の専門情報誌の創刊を担当。編集長として約10年にわたって、同誌の編集に従事。2014年4月に独立、オートインサイトを設立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

170万の軽自動車を買おうとする人がイメージできない。車に170万出せるということは自動車税や重量税は問題じゃないだろうし。車庫が狭いか家までの道が狭いのか。軽自動車は技術的にはすばらしい商品かもしれないが、国外に出すには仕様以前に見た目が問題になると思う。軽という規格は国が決めたとはいえ、日本のメーカーはかなり特殊な客を相手にしている、ということなのだろう。アメリカのサッカーマムの間で一時的に普及したスライドドアのミニバンが、疲れた残念な教育ママみたいに見られるのが嫌、というような理由でスライドドアが一気に売れなくなった、みたいな話を聞いたことがあるが、日本ではそういう意識で車選びしてる人がどれだけいるのだろうか。乗る車によってどう見られるか、母である以前に女としてどう見られるか。車の位置づけが違うとはいえ、日本の女性には理解できない人が多そうだ。(2015/02/03)

軽は欲しくない。生理的に嫌なのです。普通自動車の維持費? 税金? 特に苦にはなりません。 こんな小生を是非論破してください。(2015/02/03)

単身世帯が増えてるし、少子化だから軽で十分なんでしょうね。うちは子どもが三人いるのでミニバンしか選択肢が無いけど。(2015/02/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授