• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

寺は「時代遅れ」でもいい

芥川賞作家・玄侑宗久さんの仏教的視座

2015年2月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

宗教崩壊は起こらない――。芥川賞作家で臨済宗僧侶の玄侑宗久さんが、寺や僧侶の存在意義を問い直す。「経済」の本当の意味とは。布施とは何か。寺が尊い理由は? 玄侑さんとの対話を通じて、寺や僧侶のあり方、関わり方が見えてきた。

(聞き手は、鵜飼秀徳)

玄侑宗久(げんゆう・そうきゅう)氏
1956年、福島県三春町生まれ。慶應義塾大学中国文学科卒業後、様々な仕事を経験し、京都・天龍寺専門道場に入門。2001年、『中陰の花』で第125回芥川賞を受賞。2008年2月より、福聚寺住職に就任。2011年3月11日の東日本大震災後の政府による「復興構想会議」のメンバーに選任。近著に『お寺からの賜り物』(大法輪閣)など多数(福聚寺で。写真:大高和康、以下同じ)

地方都市の寺で「寺の運営が厳しい」「檀家が離れて存続の危機だ」という声があがっています。玄侑さんが住職を務める寺(福聚寺・臨済宗妙心寺派)は福島県三春町にありますが、寺を取りまく環境の変化をどう感じていますか。

玄侑宗久氏(以下、玄侑):福島県三春町は今のところ世帯数こそ横ばいですが、過疎化はいずれ直面せざるを得ない問題です。では、うちの寺がそうした地方特有の構造的問題に飲まれ、存続の危機に瀕しているかと言えば、全くそうではありせん。

 この辺りは田舎だからこその、「地縁」や「血縁」が色濃く残っていて、檀家さんや地域の人がしっかりと寺を支えてくれています。

市場経済とは折り合いがつかない「地方の寺」

 都会の人はこう言うと驚くかもしれませんが、例えば私が毎日食べるものについても、貨幣経済を通して手に入れているわけではありません。8割以上が檀家さんからの頂き物なのです。収入の大きな柱も頂き物である「お布施」です。

 そのお布施も、経をあげるための「対価」ではありません。われわれも檀家さんに対して「布施」をしている意識です。

 また、特別な用事もないのにふと、寺にお茶を飲みにくる人がいます。都会であれば、お茶を飲むということすら経済行為になり得ますが、田舎ではそんな下心はない。お互い、見返りのない「気持ちの交換」で接しているのです。

 われわれは極めて純粋な「贈与」を受けながら生活を支えてもらっています。市場経済の原理でモノを見ている人は、僧侶は特権的だと腹立たしく思う人もいるかもしれませんが、こういう経済のあり方が日本に存在するということを知ってもらいたい。

コメント3

「宗教崩壊」のバックナンバー

一覧

「寺は「時代遅れ」でもいい」の著者

鵜飼 秀徳

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

日経おとなのOFF副編集長、浄土宗僧侶

京都市景観市民会議委員(2016年)、佛教文化学会会員。 1974年生まれ。成城大学文芸学部卒業後、報知新聞社へ入社。2005年日経BP社に入社。日経ビジネス記者などを歴任。2016年4月より日経おとなのOFF副編集長。浄土宗僧侶の顔も持つ。正覚寺副住職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者