• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ニンジャが畑を守る意味

元TVマンがひらく農の新世界(2)

2015年2月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2004年に放送された一本のテレビ番組がある。舞台はフィリピンの農村。枝豆畑にのびた雑草をみて、高齢の日本人男性がつぶやく。「これはちょっと生えすぎだ。こんなんじゃいけない」「生えてしまうもんなんですか」。男性にそう問いかける声の主は、番組のスタッフの小野淳だ。

 前回のこの欄で、国立市の農園「くにたち はたけんぼ」を紹介した(1月30日「『畑で婚活』も農業なのだ」)。プロの農家の農場とも、市民農園とも違うこの場所は、畑の隣に馬小屋があり、中央の広場では大学のサークルや婚活のイベントなどが開かれる。

「こういう環境で子どもを育てられるのはうれしい」と話す小野淳さん。左からみもりさん(8)、ちさをさん(6)、ゆつきさん(4)

 運営しているのは、かつてテレビ番組の製作会社で働いていた小野淳だ。今回は小野がテレビの仕事から農業の世界に身を投じたわけと、小野が思いえがく農業の未来について考えたい。

フィリピンの大地での出会い、そして転機

 冒頭の番組は、小野がディレクターをつとめたシリーズ「素敵な宇宙船地球号」のワンシーン。「フィリピンの大地に本来の力を取りもどそうとする日本人がいます」。この回は、沢田研二のそんなナレーションで始まる。

 特集の主人公は、当時74歳の田鎖浩。大手商社につとめていた田鎖は、29歳でフィリピン駐在になり、日本では想像もできなかった現実を知る。「あまりに貧困。靴もはいていない。シャツもぼろぼろ。日本の業者が木を切り倒し、あと何もしなかったために(こんなことが)起きた」。田鎖は番組でこう述懐する。

 最初の転機は34歳のときにおとずれた。会社をやめ、そのままフィリピンに残ってマニラ麻の加工工場をたちあげたのだ。工場が生産する紙は丈夫で質が高く、経営は軌道に乗った。さらに67歳になるとこの工場を地元の人に譲り、新たに農産物の有機栽培や植林に挑み始めた。

 番組のなかで、田鎖はこう話す。「この全部を緑にしなくちゃいけない。その一徹です」「骨折り損のくたびれもうけ。何をいい年をしてやってるんだと笑ってる人もいる。そんなのめじゃない。続けてれば、必ずいい方向にいく」。

コメント1

「ニッポン農業生き残りのヒント」のバックナンバー

一覧

「ニンジャが畑を守る意味」の著者

吉田 忠則

吉田 忠則(よしだ・ただのり)

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長