• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

一流のプロが必ず身につけている「智恵の修得法」とは何か?

2015年2月9日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「技術」の本質は「言葉で表せない智恵」

田坂教授は、著書『知性を磨く 「スーパージェネラリスト」の時代』(光文社新書)の中で、これからの時代には、「思想」「ビジョン」「志」「戦略」「戦術」「技術」「人間力」という「7つのレベルの思考」を垂直統合した「スーパージェネラリスト」が求められると言われています。

 この第13回では、第六の「技術」のレベルの思考を、いかに深めていくべきかについて、伺いたいと思います。

田坂:そうですね。今回は、「技術のレベルの知性を、いかに磨くべきか」ですが、このテーマは、興味を持たれる読者が多いでしょう。

 前回は、「戦術のレベルの知性を、いかに磨くか」について述べましたが、この「戦術」を実行に移すとき、直ちに問題になるのが、「技術」です。

「技術」というのは、英語で言えば、「スキル」や「センス」「テクニック」や「ノウハウ」と呼ばれる能力のことですね?

田坂:そうです。そして、日本語では、「企画力」や「提案力」「交渉力」や「営業力」、さらには「プレゼン力」や「プロジェクト・マネジメント力」など「……力」といった言葉で語られる能力でもあります。

 いずれにしても、「戦術」を実行に移すとき、プロフェッショナルとして、必要な水準の「技術」を持っているか否かが、深く問われます。

 どれほど優れた「戦略」を立案し、どれほど卓抜な「戦術」を考えても、この「技術」が伴わなければ、我々は、目の前の一人の「人間」を動かすこともできず、目の前の「現実」を変えることもできないからです。

たしかに、その通りなのですね……。また、耳の痛い話ですが……(苦笑)。

 では、どのようにして、その「技術」を身につけ、「技術」のレベルの知性を磨いていけばよいのでしょうか?

田坂:そのことを考えるとき、最初に理解しておくべきことがあります。

 「技術」の本質は、「知識」ではなく、「智恵」である

 すなわち、以前、この連載で述べたように、「技術」の本質は、「言葉で表せない智恵」であり、それは、決して、「言葉で表せる知識」ではないのです。それゆえ、「技術」とは、決して「書物」で学べるものではなく、「経験」を通じてしか学べないものなのです

そのことは、この連載の第7回で、教えて頂きましたが、要するに、スキルやセンス、テクニックやノウハウといった「技術」を身につけるためには、「経験」を積むことが不可欠だということですね?

田坂:その通りです。ただ、正確に言えば、「経験」を積んだだけでは、「技術」は身につきません。

ええ……? それはなぜですか?

コメント1

「知性を磨く スーパージェネラリストへの成長戦略」のバックナンバー

一覧

「一流のプロが必ず身につけている「智恵の修得法」とは何か?」の著者

田坂 広志

田坂 広志(たさか・ひろし)

多摩大学大学院教授

1974年東京大学卒業、81年同大学院修了。工学博士(原子力工学)。米シンクタンク客員研究員などを経て、2000年多摩大学大学院教授に就任。2011年3~9月、東日本大震災に伴い内閣官房参与に就任

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長