• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

初公開、「善い会社」ランキング

あなたの会社は何位ですか?

2015年2月9日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1位ソフトバンク、2位ファーストリテイリング、3位キーエンス――。

 日経ビジネスは2月9日号の特集で、上場企業約3800社を対象に「善い会社」をランキングし、上位100社を発表した。「良い」ではなく、あえて「善い」という漢字を使ったのは、単に「業績が良い会社」にとどまらず、「道理にかなっている会社」という意味を込めたかったからだ。

 「安値攻勢で通信業界を引っかき回すソフトバンクは、道理にかなっているのか」「労働環境の厳しさから『ユニクロ』の店長が大量に離職したファーストリテイリングは、『ブラック企業』ではないか」などと、上位企業の顔ぶれに納得できない読者もいるかもしれない。どのように順位付けしたかを解説するので、その上で妥当性を判断いただければと思う。

利己的な企業は長続きしない

 ランキングを作るに当たっては、まず善い会社の定義をはっきりさせる必要があった。

 当然ながら、民間企業は「営利組織」である。それでも、自己の利益のみを追い求める経営は長続きしない。下請け会社に無理なコストダウンを求め、従業員をいとも簡単に切り捨て、工場の環境負荷軽減や製品の安全性追求などにコストをかけなければ、一時的に業績は向上するかもしれない。しかし、長期的には周囲から敬遠され、結局のところ、好業績は長続きしない。このような企業は、善い会社の対極に位置付けた。

 特集の取材チームは、善い会社のイメージをさらに固めるために、手分けして識者の意見を聞いて回った。

「善い会社」ランキング(1~34位)
順位 社名 得点
1 ソフトバンク 70.7
2 ファーストリテイリング 65.4
3 キーエンス 65.2
4 ファナック 63.9
5 ヤフー 63.5
6 イオンモール 62.4
7 楽天 61.9
8 マニー 60.2
9 日本たばこ産業 59.8
10 武田薬品工業 59.7
11 東海旅客鉄道 58.4
12 KDDI 58.2
13 ABCマート 58
14 住友不動産 57.9
15 ユー・エス・エス 57.8
16 アステラス製薬 57.7
17 トヨタ自動車 57.5
18 SMC 57.3
19 ナカニシ 57.2
20 トレンドマイクロ 57.1
21 シスメックス 57
22 久光製薬 56.5
23 コマツ 55.9
24 テルモ 55.9
25 キヤノン 55.9
26 ホンダ 55.4
27 マキタ 55.4
28 ニトリホールディングス 55.3
29 シマノ 55.1
30 Jトラスト 55.1
31 小野薬品工業 54.9
32 ダイビル 54.9
33 ヒューリック 54.4
34 NTT 54.4
注:得点は100点満点で、小数点2位以下を四捨五入。順位は小数点2位以下を加味。得点の内訳や算出方法の詳細は日経ビジネス2月9日号の31ページに掲載

コメント0

「善い会社 2015年版 いま必要とされる100社ランキング」のバックナンバー

一覧

「初公開、「善い会社」ランキング」の著者

吉野 次郎

吉野 次郎(よしの・じろう)

日本経済新聞社記者

1996年、日経BPに入社。2007年から日経ビジネス編集部で電機業界や自動車業界、企業の不祥事を担当。2015年4月から日本経済新聞社電子編集部に出向中。産業、経済事件を中心に取材・執筆する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授