• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

矢場とんが社員の離婚原因まで口を出すワケ

「過剰」なほどの家族経営で成長果たす

2015年2月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「休みを減らしたら給料をもっと上げられるけど、どうする?」

 社長から呼ばれてそう言われたと、帰宅して家族に話したらどんな反応が返ってくるだろうか。「なんてひどい会社なの」「とんでもないブラック企業だ」といったところではないか。

 ところが、そうした提案を受けた家族が心から感謝する会社がある。名古屋名物、味噌カツで有名な「矢場とん」だ。

社員の個人情報を把握

 「お子さんが生まれたら、お金がこれだけ必要になりますよね。今、休日を週1日に減らしたら、もっとお給料を出すことができます」

 3代目の鈴木拓将社長が語りかける先には、社員だけでなく、その家族もいる。

 「特に男性社員は家計のことが分かっていないから、ウチが人生設計を考えて提案してもきちんと家族に説明しないことが多いんです。家族から見たら、休みを取り上げるひどい会社ということになっちゃう。でも、奥さんにも来てもらって理由を説明したら、感謝して、ぜひお願いしますと言ってくれます。だいたい、休日に男が家にいても奥さんの邪魔にしかならないんだから(笑)」。鈴木社長は、ざっくばらんに家族に説明する理由を語る。

矢場とん3代目の鈴木拓将社長(左)。従業員と家族のような関係だ(写真:陶山 勉、以下同)

 「なんだ、そういう文脈なら話は別だよ」と思われるかもしれない。だが、ちょっと考えてみてほしい。そもそも、あなたに子供が生まれた時、その事実をあなたの会社の社長は知っているだろうか?あなたの家計まで踏み込んで、親身に考えてくれるだろうか?

 矢場とんの経営陣は、社員の個人情報をトコトン把握している。鈴木社長と姉が分担して毎月、全従業員と面談しているからだ。

コメント3件コメント/レビュー

「個人商店」ならどこでも普通にあったお話ですね。別に否定するつもりはありません。 昔は『大家といえば親同然、店子と言えば子も同然』だったわけですし、『丁稚-手代-番頭-のれん分け』という流れの中では店員の動向は公私にわたって主人の最も知りたいところでしょう。また、それが“日本型家族経営”の原型であり真髄だったわけです。JapanAsNo.1の頃は盛んに研究されていたテーマでもありました。問題提起したいのは、こういう記事を正面切って、さも大事(おおごと)で驚くべきことのように取り上げるようになった日本の社会・経済の変化のほうです。日本もとうとうここまで来てしまったんだな、という感慨を禁じえません。「非正規とサービスの劣化」「愛社精神・共存共栄と産業スパイ・技術売り飛ばし」いったテーマを追求していけば、必ずここに戻ってくると思います。(2015/02/10)

「善い会社 2015年版 いま必要とされる100社ランキング」のバックナンバー

一覧

「矢場とんが社員の離婚原因まで口を出すワケ」の著者

広岡 延隆

広岡 延隆(ひろおか・のぶたか)

日経ビジネス記者

日経コンピュータ編集部、日本経済新聞産業部出向を経て2010年4月から日経ビジネス編集部。現在は自動車など製造業を担当している。これまでIT、電機、音楽・ゲーム、自動車、製薬産業などを取材してきた。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「個人商店」ならどこでも普通にあったお話ですね。別に否定するつもりはありません。 昔は『大家といえば親同然、店子と言えば子も同然』だったわけですし、『丁稚-手代-番頭-のれん分け』という流れの中では店員の動向は公私にわたって主人の最も知りたいところでしょう。また、それが“日本型家族経営”の原型であり真髄だったわけです。JapanAsNo.1の頃は盛んに研究されていたテーマでもありました。問題提起したいのは、こういう記事を正面切って、さも大事(おおごと)で驚くべきことのように取り上げるようになった日本の社会・経済の変化のほうです。日本もとうとうここまで来てしまったんだな、という感慨を禁じえません。「非正規とサービスの劣化」「愛社精神・共存共栄と産業スパイ・技術売り飛ばし」いったテーマを追求していけば、必ずここに戻ってくると思います。(2015/02/10)

中小企業特有のよくありそうないい話(皮肉ではなく)。この話なら、会社が大きくなっても社長と同じベクトルの面談者に分担することで継続可能で期待が持てそう。ただ「社員の娘がパパと結婚したいと言ってくれるような人になってほしい」…女性社員はいない(or 蚊帳の外)なんですね。残念。(2015/02/10)

会社の経営理念が立派だけど、見かけ倒しの会社が多い中、それを実践している会社があり、まだまだニッポンは未来が明るいと感じました。私が働いている会社の経営理念は会社の行動規範的なもので、社員に関しては、こうあるべきだという内容です。「人は宝だ」とお偉いさんは云っていますが、口先だけなので白けます。従業員の事を本当に気に掛けている会社が生きのびる社会になれば、いいけどと最近考えています。(2015/02/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長