• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

矢場とんが社員の離婚原因まで口を出すワケ

「過剰」なほどの家族経営で成長果たす

2015年2月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「休みを減らしたら給料をもっと上げられるけど、どうする?」

 社長から呼ばれてそう言われたと、帰宅して家族に話したらどんな反応が返ってくるだろうか。「なんてひどい会社なの」「とんでもないブラック企業だ」といったところではないか。

 ところが、そうした提案を受けた家族が心から感謝する会社がある。名古屋名物、味噌カツで有名な「矢場とん」だ。

社員の個人情報を把握

 「お子さんが生まれたら、お金がこれだけ必要になりますよね。今、休日を週1日に減らしたら、もっとお給料を出すことができます」

 3代目の鈴木拓将社長が語りかける先には、社員だけでなく、その家族もいる。

 「特に男性社員は家計のことが分かっていないから、ウチが人生設計を考えて提案してもきちんと家族に説明しないことが多いんです。家族から見たら、休みを取り上げるひどい会社ということになっちゃう。でも、奥さんにも来てもらって理由を説明したら、感謝して、ぜひお願いしますと言ってくれます。だいたい、休日に男が家にいても奥さんの邪魔にしかならないんだから(笑)」。鈴木社長は、ざっくばらんに家族に説明する理由を語る。

矢場とん3代目の鈴木拓将社長(左)。従業員と家族のような関係だ(写真:陶山 勉、以下同)

 「なんだ、そういう文脈なら話は別だよ」と思われるかもしれない。だが、ちょっと考えてみてほしい。そもそも、あなたに子供が生まれた時、その事実をあなたの会社の社長は知っているだろうか?あなたの家計まで踏み込んで、親身に考えてくれるだろうか?

 矢場とんの経営陣は、社員の個人情報をトコトン把握している。鈴木社長と姉が分担して毎月、全従業員と面談しているからだ。

コメント3

「善い会社 2015年版 いま必要とされる100社ランキング」のバックナンバー

一覧

「矢場とんが社員の離婚原因まで口を出すワケ」の著者

広岡 延隆

広岡 延隆(ひろおか・のぶたか)

日経ビジネス記者

日経コンピュータ編集部、日本経済新聞産業部出向を経て2010年4月から日経ビジネス編集部。現在は自動車など製造業を担当している。これまでIT、電機、音楽・ゲーム、自動車、製薬産業などを取材してきた。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)