• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

コメを神棚に上げた農政の罪

稲だけの経営は幻想だ

2015年2月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 コメを中心とする日本の農業が重大な岐路に立っている。歯止めのきかない米価下落で収益が減り続け、高齢農家の大量脱落による耕作放棄の危機が迫る。日本の稲作はどこへ向かうのか。現場の生産者と緊密に情報交換し、農政に積極的に提言している宮城大学の大泉一貫名誉教授に聞いた。

2014年産のコメの値段が急落し、農家が悲鳴をあげています。

「農政に裏切られ続けた」と話す大泉一貫氏

 「コメ農家はこれから数年でどんどん減りますよ。僕のつき合っているのはトップグループの農家だが、彼らが生き残れるかどうかという話になってきた。『ここを必死に乗りきらなければならない』という声をよく聞きます」

 「ある有力農家は『かつての畜産と同じで、当面は赤字でも売り続けるしかない』と言っています。いまを耐えぬけば、まわりのコメ農家が脱落し、農地が集まってくるというシナリオです。畜産はそうやってM&Aで大規模になっていった。コメもそうやって勝ち残れるかどうかのゲームという時代に入ったんです」

 「彼らには、コメ農家の数が減れば最後には需給が改善し、いまと違ってコメをつくることが有利な世界が開けてくるという読みがある。これはある意味賭けですが、今後10年はそういう状況が続くでしょう」

規模拡大をどう進めるか

高齢農家から担い手経営への農地の流動化はすんなり進むでしょうか。

「農地は自分で維持すべきだという建前があるから、行政が『まとめて農地をあずけろ』と言ってもなかなか言うことを聞いてくれない。でも、彼らの本音は、機械が壊れたら田んぼはあずけて、自分は体力の続く限り小規模に野菜でもつくっていたいという点にあります」

 「優秀な大規模農家は、じいちゃん農家やばあちゃん農家のそういう本音をうまくくすぐってますよ。『いつでもいいから、農地をあずけてください』『いいけど、自分でもちょっと続けたい』『それなら、そういう条件をつくりましょう』。こうして規模拡大がどんどん進む」

コメント5

「ニッポン農業生き残りのヒント」のバックナンバー

一覧

「コメを神棚に上げた農政の罪」の著者

吉田 忠則

吉田 忠則(よしだ・ただのり)

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員