• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

遺骨を「ゆうパック」で送る時代

漂流する墓 (下)

2015年2月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ゆうパックで「遺骨」が送れる!?

 埼玉県熊谷市にある曹洞宗・見性院には毎週のように「遺骨」が、宅配便で送られてくる。遺骨は、ペットの骨や化石などではない。れっきとした火葬後の人間の骨である。

 遺骨の配達は、大手宅配会社のほとんどは受け付けていないが、日本郵便のゆうパックならば「配送可能」というのだ。

 見性院の住職・橋本英樹さん(49)が、ゆうパックを使った「送骨サービス」を受け付け始めたのが2013年10月のこと。寺に届けられた遺骨は本堂で供養した後、境内の永代供養塔に合同納骨という形で納められる。送骨による永代供養を希望する者は、見性院のホームページなどから申し込み、寺が用意してくれる専用の段ボール箱に骨壺を入れて送るだけだ。

 永代供養の基本料金は3万円(送料別)。月に遺骨3~5柱が見性院に届けられるという。

届けられた遺骨を開封する橋本さん

「社会の負の部分」を背負って死んでいく人たち

 この送骨に異論を唱える人は多い。

 「遺骨をモノ扱いしてとんでもない」「破戒も甚だしい」――。

 「送骨」という一見、乱暴な名称だけを拾い上げれば、こうした怒りももっともに思える。

 だが、橋本さんが、糾弾覚悟でこのサービスを始めたのには、理由がある。

コメント11件コメント/レビュー

所詮はすべてが既得権だからねえ。墓は遺骨が土に返るところでしょう。それを宗教だからと言ってしまうのは間違っているということなんじゃあないのかなあ。骨も焼いてくだいて骨粉としてしまえば土に埋めてあっという間に植物の栄養分として循環されてしまいますよね。いつまでも土にかえることを許さない方式の墓がいいのかどうなのか?寺という既得権益でしかないのではないのかなあ?宅配よりも死んだら消費財と言い放った東大に解散命令を出さない方がよほど鬼畜だとも思うし。日本最大の宗教は行政というところも非常におかしなことになる癌そのものだと思うし。天皇を利用して天皇崇拝者も傘下に収めて天皇を利用する政教分離という言葉そのものが嘘。墓があるとその宗教に属した信仰者になどなることもあるわけがない。信仰という言葉を口にする人には信仰の始まりは自分は嘘をつかないと決めることだよねという基本を押さえることから始めると決めている私からすれば日本最大の宗教である天皇を担ぐ天道を支配する官僚は実際国民を騙すことを職としている詐欺組織であるということは信仰とは無縁な存在でなくては筋が通らないとも思っているわけだけどカルトの代表格学会など足元のも並べない巨大カルト組織公務員が支配するカルトの国日本では一般的に進行している人は限りなく少数派ということになるし大企業などには責を持つことは信仰者としての自分にもそむくということになってしまう。嘘をつかない。もちろん自分にも嘘をつかないという出発点から始めた信仰者は自分の内なる心だけが神と向き合うものという結論に行き着き宗教団体とは一線を画すという形でしか日本では存在し続けられない。世界にも唯一と言っていい国なのではないかと思う。ゆえに他国の人の信仰しているという話にはついていくことすらかなわない制度が支配する国なのだね。こういう国にあっては遺骨であろうと最も信頼できる輸送手段である宅配で遺骨を送ろうという気持ちはむしろまともといった方が良いと思えるのは結構な数の人に上るのではないのかなあ。昔から小包を投げて仕分けしていた郵便局だと知っている人間はクロネコなぜ扱わないということでしかないのだけどね。(2015/02/21)

「宗教崩壊」のバックナンバー

一覧

「遺骨を「ゆうパック」で送る時代」の著者

鵜飼 秀徳

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

日経おとなのOFF副編集長、浄土宗僧侶

京都市景観市民会議委員(2016年)、佛教文化学会会員。 1974年生まれ。成城大学文芸学部卒業後、報知新聞社へ入社。2005年日経BP社に入社。日経ビジネス記者などを歴任。2016年4月より日経おとなのOFF副編集長。浄土宗僧侶の顔も持つ。正覚寺副住職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

所詮はすべてが既得権だからねえ。墓は遺骨が土に返るところでしょう。それを宗教だからと言ってしまうのは間違っているということなんじゃあないのかなあ。骨も焼いてくだいて骨粉としてしまえば土に埋めてあっという間に植物の栄養分として循環されてしまいますよね。いつまでも土にかえることを許さない方式の墓がいいのかどうなのか?寺という既得権益でしかないのではないのかなあ?宅配よりも死んだら消費財と言い放った東大に解散命令を出さない方がよほど鬼畜だとも思うし。日本最大の宗教は行政というところも非常におかしなことになる癌そのものだと思うし。天皇を利用して天皇崇拝者も傘下に収めて天皇を利用する政教分離という言葉そのものが嘘。墓があるとその宗教に属した信仰者になどなることもあるわけがない。信仰という言葉を口にする人には信仰の始まりは自分は嘘をつかないと決めることだよねという基本を押さえることから始めると決めている私からすれば日本最大の宗教である天皇を担ぐ天道を支配する官僚は実際国民を騙すことを職としている詐欺組織であるということは信仰とは無縁な存在でなくては筋が通らないとも思っているわけだけどカルトの代表格学会など足元のも並べない巨大カルト組織公務員が支配するカルトの国日本では一般的に進行している人は限りなく少数派ということになるし大企業などには責を持つことは信仰者としての自分にもそむくということになってしまう。嘘をつかない。もちろん自分にも嘘をつかないという出発点から始めた信仰者は自分の内なる心だけが神と向き合うものという結論に行き着き宗教団体とは一線を画すという形でしか日本では存在し続けられない。世界にも唯一と言っていい国なのではないかと思う。ゆえに他国の人の信仰しているという話にはついていくことすらかなわない制度が支配する国なのだね。こういう国にあっては遺骨であろうと最も信頼できる輸送手段である宅配で遺骨を送ろうという気持ちはむしろまともといった方が良いと思えるのは結構な数の人に上るのではないのかなあ。昔から小包を投げて仕分けしていた郵便局だと知っている人間はクロネコなぜ扱わないということでしかないのだけどね。(2015/02/21)

仮に、もし仮に、ローソンあたりに遺骨を持ち込んで、ゆうパックで「実在しない寺院」宛に遺骨を送るとするじゃないですか。で、配達員が現地に向かってみると、そんな寺院は当然なく、仕方ないので遺骨を発送人に返却しようとする。ところが、伝票に書かれた発送人の住所氏名も実在しなかったとしたら、、その遺骨はどこに行くんでしょうね。(2015/02/19)

まず、檀家制度を、きっちり理解している人が、どれくらいいるのでしょう?当方は、恥ずかしながら、まったくと言っていいほど、無知です。次男ですので、墓も持っていません。嫁も次女であり、墓を持たない当方に嫁いできました。子供は一人でかつ独身。昨今の少子化環境では、一人娘と結ばれる可能性は、極めて高い。田舎から状況してきた我々の日常の生活で、お寺との接点は皆無です。お墓って、必要ですか?「死」って、何なのでしょう?おそらく、「無」になることだと思っていますが、「無」に「墓」がなぜ必要なのか?理解できません。この住職さんに、真面目に教えを乞いたい。(2015/02/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長