• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

カイゼンの主役は「おばちゃん」

サンドイッチ工場でもセル生産方式

2015年2月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「どうせやるならコラムにしちゃう?」

 デスクにこう言われたのは、つい10日前のこと。日経ビジネス本誌2015年2月23日号のスペシャルリポート「中小企業の頼みの綱 現場を生き返らせる元ソニーマンの改善魂」を校了して間もなくのことだった。

 「といいますと?」

 「今回のスペシャルリポートの連動企画として、具体的なカイゼンの中身をオンラインに掲載することになっていたでしょう。今後もカイゼンの取材を多くするのだったら、いっそのことコラムにするのも手かもよ」

 「お~、なるほど~~」

 そんな発想、全くなかったなぁ。と、ここで筆者の頭の中に、すぐにでもやらないといけない、あんなことやこんなことが思い浮かぶ。うーん、果たしてコラムを続けていくだけの時間的余裕があるものか…。

 と同時に、ワクワクする気持ちも芽生えてきた。もしかすると、これは願ってもないチャンスなんじゃないのか? 少し考えて、こう返した。

 「いいですね。やりましょう」

 「よし、そうしよう!」

 この時のワクワクする気持ち。その正体は「オタク仲間を増やしたい」というものだ。

 というのも、筆者は何を隠そう「カイゼンオタク」である。製造現場のカイゼンを取材するようになって十ウン年。日経ベンチャー(現・日経トップリーダー)編集部に所属していた時代にムダとりコンサルタントとして知られる山田日登志氏を取材したのがきっかけで、カイゼンの面白さにどっぷりとはまってしまった。いまでは、カイゼンとは全く関係のない取材でも、工場に行けば、どこにムダがあるかを探してしまう。

 ムダが見えるようになると、工場を見るのが劇的に楽しくなる。取材だけではない。一般に公開されている工場見学に行っても、人一倍、楽しめる。だって、工場で働いている人にも見えていない(かもしれない)ムダが、見えてしまうのだから。

 しかも、この楽しみはちょっとしたコツを覚えるだけで手に入る。筆者だけが特別、センスがいいわけでもないのだ。

 本コラムは、より多くの人をカイゼンオタクにしたいとたくらむ筆者が、すごいと噂のカイゼン現場に潜入。どこがすごいかを「オタク目線」で解説していくものだ。

 さあ、一緒に現場に潜入しよう!

コメント9

「本誌記者が潜入! すごいカイゼン現場」のバックナンバー

一覧

「カイゼンの主役は「おばちゃん」」の著者

池松 由香

池松 由香(いけまつ・ゆか)

日経ビジネス記者

北米毎日新聞社(米国サンフランシスコ)で5年間、記者を務めた後、帰国。日経E-BIZ、日経ベンチャー(現・日経トップリーダー)、日経ものづくりの記者を経て、2014年10月から日経ビジネス記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手