• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「なんで私は昇進できないの?」 女性キャリア組に足りないもの

マネジメントに不可欠な「存在感」を身につける

2015年3月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「なんで私は昇進できないんだろう?」――。

 仕事で成果も出しているのに、昇進につながらないと悩んでいる女性の方々が少なからずいます。

 先日、金融機関とメーカーに勤める女性キャリア組から、相談を受けました。「私たち、こんなに成果を出しているのに、なんで昇進できないんでしょう? いったい何が足りないんでしょう?」と、ずいぶんお悩みの様子でした。

 今では、女性に不可欠なリーダーシップ・スキルについてのさまざまな書籍、それに研修があります。シニアマネジメントを目指す人なら、「アサーティブ(相手を尊重した上で自分の意見を伝えること)」や「メンバー育成のためのコーチング」のスキルや、「ロジカル・シンキング」など、女性幹部社員に必要なスキルや知識のトレーニングをいろいろと受けてきていると思います。しかし、そういうコースを受けて、仕事で成果も出しているのに、昇進に結びつかない。そこで悩むわけです。

口先だけに見える人がなぜ出世する?

 私も30代前半の頃、いろいろなマネジメント研修を受けた後に、自分の勤めている会社のシニアマネジメントの人たちや、おつきあいのある企業の経営層の人たちを見て、「研修や書籍で学んだリーダーシップ・スキルだけでは足りないのでは?」という疑問を持っていた時期がありました。

●役員のK氏は、どう考えてみても、社長の腰巾着でしかない。社内では、社長の飲み友達だから昇進したって言われていたけれど、彼が役員になった理由は絶対に何かあるはず。

●役員のI氏は、実務能力は全くなく、チームの成果や他人の成果を横取りしてのし上がって行ったと社内で有名な人でした。では、なぜ役員になれたのか?

●U氏は数百億円単位の損害を会社に与えたにもかかわらず、なぜかまだ役員のままです。降格されることもなく、クビになることもなく、毎日ひょうひょうと会社に出社している。それはどうして?

 マネジメント層のそれぞれを観察し続けていくと、マネジメントとして企業の中で出世して行き、生き残って行くには、ハードスキル(体系だった知識、理論や手法を座学や書籍などによって習得)だけではない、他の要素が見えてきます。

 それは、一言でいえば「存在感(Presence)」、つまりシニアマネジメント層に対する存在感です。混同しやすいのですが、「影響力」とはちょっと違います(影響力の作り方については、いずれご紹介します)。

 そこで今回は、「シニアマネジメントになるための存在感とは何か」を考えていただくためのヒント、そして存在感を持つためのポイントをご紹介します。

コメント2件コメント/レビュー

男女を問わず出世に必要な能力で見過ごされがちなのは、他人のために「泥をかぶる」ことです。皆さんは業績とかプロジェクトとか表に出る部分にしか目が行きませんが、企業活動では必ず表に出ない負の部分、トラブルとか失敗があり、それを経営責任者に及ばないように上手く処理する人が不可欠です。ゴマスリと言われている人も実は裏方では汚れ役を買って出ている、損失を出した人も実は上役の判断責任をかぶっている、こういうこともあるのです。企業活動はキレイ事ばかりではない、この辺の事情にまだまだ女性は疎いように思います。(2015/03/06)

「秋山ゆかりの女性キャリアアップ論」のバックナンバー

一覧

「「なんで私は昇進できないの?」 女性キャリア組に足りないもの」の著者

秋山 ゆかり

秋山 ゆかり(あきやま・ゆかり)

事業開発コンサルタント・声楽家

ボストン・コンサルティング・グループの戦略コンサルタントを務めた後、GE Internationalの戦略・事業開発本部長、日本IBMの事業開発部長などを歴任。コンサートのプロデュースや演奏も行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

男女を問わず出世に必要な能力で見過ごされがちなのは、他人のために「泥をかぶる」ことです。皆さんは業績とかプロジェクトとか表に出る部分にしか目が行きませんが、企業活動では必ず表に出ない負の部分、トラブルとか失敗があり、それを経営責任者に及ばないように上手く処理する人が不可欠です。ゴマスリと言われている人も実は裏方では汚れ役を買って出ている、損失を出した人も実は上役の判断責任をかぶっている、こういうこともあるのです。企業活動はキレイ事ばかりではない、この辺の事情にまだまだ女性は疎いように思います。(2015/03/06)

仕事ができる。自分のチームが成果を出している。イコール昇進ではないですね。そう考えている人はワーカーの域を出ない人です。管理職では会社全体として自分の仕事がどうすべきか考える必要がありますし、経営職では会社全体のことを考えなければならない。ワーカー目線で見ていても解答はないですよ。役員の話がでていますが、当然ながら社長の補佐役ですから、社長に対する具申や、社長の想いを部下に伝えるなど、一般社員の感覚とは違う動きはします。その時々の自分のポジションや状況によって臨機応変・柔軟に対応しないと出世はしませんよ。業績だけが全てではありません。時には上司との飲みミケーションも大切です。女性はこれができない人が多いですね。お忘れなく。(2015/03/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授