• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

Special Report ダフ屋は減れども、チケット闇取引は消えず

レビュー

とても参考になった
 

58%

まあ参考になった
 

27%

参考にならなかった
 

13%

ぜひ読むべき
 

48%

読んだほうがよい
 

28%

どちらでもよい
 

22%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

転売や急に行けなくなった等とは別の問題ですが。
チケット入手の困難さが予想される場合、「取れなかった仲間の誰かのために」と、特にあてもないのに余分に購入。結局需要が無くて余ったチケットとか。
もしくは抽選販売の場合、仲間数人で行くため全員が全員分をエントリー。全員当選すれば人数の二乗枚数を確保。一番良席を手元に残し、残りを転売するケースとか。
いずれもSNSなどでの定価取引が多いが、見方を変えれば「仲間内で買い占めて融通し合い」、入手できない人と余らせている人を作ってしまっている結果に。
これも褒められたことではないと思います。

航空券を例に出されている方がおられますが、私も同じ考えです。
GWや夏休みなど、航空券や新幹線指定席券が買い占められて、社会問題になるほど高額転売されているのでしょうか?
・買った人しか使えない。
・都合が悪くなったらキャンセルできる。
・販売元が、キャンセル待ちの人に販売する。
これが自然だと思います。
一部実施している大手エージェンシーもありますし、既存システムの利用や、普及を図ることでコストも下げられるのでは。
「興行界」の近代化のためにも、文化庁あたりがもうちょっと積極的に関与して良いと思うのですが。(2018/07/13 09:38)

ボットを排除する仕組みを提案してほしかったな(2018/07/12 14:46)

チケトレなどという手間もお金も掛かるシステムを構築するより、
主催者が購入価格で買い戻せば(=返品を受け付ければ)済む話だと思う。
モノと違って劣化しないので同一価格で再販売できるのだから。
それでも、心理としては高く売れるなら売りたいという人は多いだろうけど、
返品しない人は高額転売狙いの人であるとレッテルを貼ることも出来るかも。
業界を知らない素人の戯言かもしれないが、そういうことを言ってるから
現状がこれなのではないだろうか。(2018/07/12 12:36)

いろいろな知恵がありますね。こんなに考える力があるなら、もっと建設的な方向に知恵を絞ったら、大金持ちになれるだろうに。ダフ屋や詐欺師ではなく、立派な起業家になれるチャンスはありそうだが、できないのかね。。(2018/07/12 11:17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(日本の住宅政策は)いつまでたっても短期主義から抜け出せない。

長嶋 修 不動産コンサルタント