• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ダフ屋は減れども、チケット闇取引は消えず

「チケットキャンプ」閉鎖の波紋

2018年7月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

人気公演の最前列に目立つ空席。「ネットダフ屋」の買い占めでファンにチケットが渡らない。社会的批判が高まり、転売サイト最大手の「チケットキャンプ」は閉鎖に追い込まれた。さばく場がなくなったダフ屋は減ったとみられるが、音楽を気軽に楽しみたいファンには負担が生じている。

(日経ビジネス2018年5月7日号より転載)

(写真=Olaf Herschbach/EyeEm/Getty Images)

「定価で譲りますが条件があります。DM(ダイレクトメッセージ)をください」

 人気公演のチケットを購入できず、がっかりしていた鈴木祥子さん(仮名)がツイッターでこんな書き込みを見つけたのは、今年1月のこと。高額で転売されるチケットの購入には拒否感があった鈴木さんがすぐにDMを送ったところ、返ってきたのは「応募多数なので抽選にさせてもらうことにします」との回答。そして、奇妙な条件が付け加えられていた。

 「無料アプリをインストールしてください」。指定されたのは、チケットとは全く関係がない通販のアプリ。ダウンロードして指定の情報を登録すると、現金同様に使えるポイントがDMの送り主に付与される仕組みだった。さらに、そのDMには「メルカリ上で空出品する商品を300円で購入してくれれば、購入数に応じてさらに確率が上がります」とも記されていた。実際には商品の受け渡しはしないが、現金のみを入金しろというのだ。

取引の安全性に疑問も
●ツイッターを使った不可解なチケット転売のイメージ
  • 人気公演のチケットを定価で譲るとツイッターに書き込み
  • 詳しい取引条件は直接伝える」とDM(ダイレクトメッセージ)に誘導
  • 購入希望者多数なので抽選になることを伝える。招待コードや架空商品を購入してくれれば当選確率が上がるともちかける

 不安を感じた鈴木さんは、主催者から送られてきたであろう、チケット購入時のメールなどを見せてほしいと頼んだ。ところが、「特定されるとチケットが無効になる可能性があるので見せられない」と拒否されたという。

 結局、無料アプリだけをインストールしたと伝えて「抽選結果」を待ったが、連絡はこなかった。数日後、取引相手のツイッターアカウントは跡形もなく消えていた。チケットが鈴木さん以外の購入希望者の手に本当に渡ったのか、確かめるすべはない。

コメント14件コメント/レビュー

転売や急に行けなくなった等とは別の問題ですが。
チケット入手の困難さが予想される場合、「取れなかった仲間の誰かのために」と、特にあてもないのに余分に購入。結局需要が無くて余ったチケットとか。
もしくは抽選販売の場合、仲間数人で行くため全員が全員分をエントリー。全員当選すれば人数の二乗枚数を確保。一番良席を手元に残し、残りを転売するケースとか。
いずれもSNSなどでの定価取引が多いが、見方を変えれば「仲間内で買い占めて融通し合い」、入手できない人と余らせている人を作ってしまっている結果に。
これも褒められたことではないと思います。

航空券を例に出されている方がおられますが、私も同じ考えです。
GWや夏休みなど、航空券や新幹線指定席券が買い占められて、社会問題になるほど高額転売されているのでしょうか?
・買った人しか使えない。
・都合が悪くなったらキャンセルできる。
・販売元が、キャンセル待ちの人に販売する。
これが自然だと思います。
一部実施している大手エージェンシーもありますし、既存システムの利用や、普及を図ることでコストも下げられるのでは。
「興行界」の近代化のためにも、文化庁あたりがもうちょっと積極的に関与して良いと思うのですが。(2018/07/13 09:38)

オススメ情報

「Special Report」のバックナンバー

一覧

「ダフ屋は減れども、チケット闇取引は消えず」の著者

広岡 延隆

広岡 延隆(ひろおか・のぶたか)

日経ビジネス記者

日経コンピュータ編集部、日本経済新聞産業部出向を経て2010年4月から日経ビジネス編集部。現在は自動車など製造業を担当している。これまでIT、電機、音楽・ゲーム、自動車、製薬産業などを取材してきた。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

転売や急に行けなくなった等とは別の問題ですが。
チケット入手の困難さが予想される場合、「取れなかった仲間の誰かのために」と、特にあてもないのに余分に購入。結局需要が無くて余ったチケットとか。
もしくは抽選販売の場合、仲間数人で行くため全員が全員分をエントリー。全員当選すれば人数の二乗枚数を確保。一番良席を手元に残し、残りを転売するケースとか。
いずれもSNSなどでの定価取引が多いが、見方を変えれば「仲間内で買い占めて融通し合い」、入手できない人と余らせている人を作ってしまっている結果に。
これも褒められたことではないと思います。

航空券を例に出されている方がおられますが、私も同じ考えです。
GWや夏休みなど、航空券や新幹線指定席券が買い占められて、社会問題になるほど高額転売されているのでしょうか?
・買った人しか使えない。
・都合が悪くなったらキャンセルできる。
・販売元が、キャンセル待ちの人に販売する。
これが自然だと思います。
一部実施している大手エージェンシーもありますし、既存システムの利用や、普及を図ることでコストも下げられるのでは。
「興行界」の近代化のためにも、文化庁あたりがもうちょっと積極的に関与して良いと思うのですが。(2018/07/13 09:38)

ボットを排除する仕組みを提案してほしかったな(2018/07/12 14:46)

チケトレなどという手間もお金も掛かるシステムを構築するより、
主催者が購入価格で買い戻せば(=返品を受け付ければ)済む話だと思う。
モノと違って劣化しないので同一価格で再販売できるのだから。
それでも、心理としては高く売れるなら売りたいという人は多いだろうけど、
返品しない人は高額転売狙いの人であるとレッテルを貼ることも出来るかも。
業界を知らない素人の戯言かもしれないが、そういうことを言ってるから
現状がこれなのではないだろうか。(2018/07/12 12:36)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(日本の住宅政策は)いつまでたっても短期主義から抜け出せない。

長嶋 修 不動産コンサルタント