• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「すべてはInGaNから始まった」、中村修二氏が緊急寄稿

ノーベル賞受賞記念の書き下ろし(後編)

  • 中村 修二=米カリフォルニア大学サンタバーバラ校 教授

バックナンバー

2015年3月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ノーベル物理学賞受賞者の中村修二氏の緊急寄稿を2回に分けてお届けする。 前回(前編)は、現在注力しているレーザー照明の取り組みについて語ってもらった。レーザー照明の光源である青色半導体レーザーには、InGaNが不可欠である。高輝度青色LEDにとっても同じだ。今回(後編)では、高輝度青色LEDの開発経緯を振り返りながら、InGaNの重要性を解説してもらう。(日経テクノロジーオンライン

*3月4日に日経テクノロジーオンラインに掲載された記事を転載しました。

 前回は、レーザー照明の取り組みや、レーザー照明の光源である青色半導体レーザーに不可欠なInGaNについて紹介しました。InGaNは青色半導体レーザーだけでなく、高輝度青色LEDにとってもキーマテリアルです。と言うよりも、InGaNを発光層に用いた、ダブルへテロ構造を導入することで、初めて実用水準の明るさを備えた青色LEDを実現できました。

 せっかくの機会なので、高輝度青色LEDをどのようにして実現したのか、本稿で簡単に振り返りたいと思います。大きく3つの技術成果があり、実現できました(図1)。順番に紹介しましょう。

図1 サファイア基板上に作った青色LEDの研究成果発表の変遷(ノーベル賞受賞記念講演の発表資料から)

 まず、GaNのバッファー層を設けたことです(図2)。青色LEDは、サファイア基板の上にGaN系半導体を結晶成長させて作られています。ですが、サファイアとGaN系半導体の格子定数は大きく異なるので、結晶欠陥が多いなど、結晶品質が低い。

図2 GaNのバッファー層の作成に成功した。1991年に論文で発表した。(ノーベル賞受賞記念講演の発表資料から)

 そこで、サファイア基板とGaN系半導体の間に、格子定数の差を緩和するための緩衝層、つまりバッファー層を設けます。異種基板上に半導体層を結晶成長させる場合、バッファー層を設けることは常套手段です。青色LED以前から存在していました。例えば、GaAs を異種基板であるSi基板上に結晶成長する方法で使われていました。

コメント0

「from 日経テクノロジーオンライン」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック