• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アリババは夢のデパートかそれとも地獄のデパートか

その快進撃、そして問題点

2015年3月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 著者が初めて中国に行ってから20年も経ってはいない。大学を卒業して製造業に就職した私の初の海外出張先だった。光デバイスを求めて上海に降り立ち、そして深センに向かった。

 初の海外出張を甘く見ていた私が、地場の商店街で買ったパジャマを着ると、翌朝はすべてボタンが取れていた。スーパーマーケットで瓶ビールを4本買ってホテルに持ち帰って並べてみると、4本とも微妙に量が異なった。気を取り直して屋台で食事をすると、何か腐った臭いがした。お土産にとCDショップで中国バンドのCDを購入すると、裏面は傷つき、さらにひどい録音状況だった。

 しかし、そこから中国の品質は目に見えて上がっていった。私は自動車メーカーに勤務していたが、製品輸入は当たり前となり、いつしかそれを前提に考えるようになった。ずっと日本人が指導したり張り付いたり、無数のトラブルはあるものの、私の書いた思い出は笑い話となった――。

 ……のだろうか。

 かつては粗悪品ばかりといわれた中国でも状況は変わっており、今では日本と同じく安心した買い物ができる――。

 ……のだろうか。

中国から誕生したアリババの快進撃

 現在、中国のIT(情報技術)企業であり、インターネット通販大手のアリババ集団が存在感を増している。創業者の馬雲(ジャック・マー)氏は1964年に生まれ、苦学の中、独学で学んだ英語を生かすため、英語教師となった。馬氏の転機は、1995年に通訳として訪れた米国でのことだった。当時まだ登場してまもないインターネットに触れ衝撃を受けた馬氏は、帰国後そのままインターネット企業を立ち上げる。紆余曲折を経て1999年に杭州でアリババを創業し、チャイナドリームを体現していく。

 アリババは2007年11月に香港証券取引所に上場した。公募には無数の申し込みが殺到し、結果132億香港ドルが集まり、狂喜乱舞となった。この金額は2004年に米国ジャスダックに上場した米グーグルをも上回る金額だった。

 そして昨年。アリババは9月19日にニューヨーク証券取引所に上場した。馬氏は250億ドルの資本調達に成功したことになる。投資先を求めて米国でさまよっていたお金がアリババに集中した瞬間だった。

 馬氏はかつてアリババの上場を否定も肯定もせず、「アリババを世界で尊敬される企業にしたい」と述べ、同時に「上場するとしたら目的は資金を得ることではありません。世界中のユーザーが当社の株を買えるようにして、自分の会社だと思えるようにしたい」とも述べた(『日経ビジネス』2007年7月2日号)。しかし、そのコメントとは対照的に、アリババは巨額の資金を得た。

コメント0

「目覚めよサプライチェーン」のバックナンバー

一覧

「アリババは夢のデパートかそれとも地獄のデパートか」の著者

坂口 孝則

坂口 孝則(さかぐち・たかのり)

調達・購買コンサルタント

大阪大学経済学部卒業後、電機メーカー、自動車メーカーに勤務。原価企画、調達・購買、資材部門に従業。調達・購買関連書籍23冊を上梓。2010年、調達・購買コンサルタントとして独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長