• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「福祉行政は風俗産業に敗北している」

「元・難民女子高生」が語る支援の不備

2015年3月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経ビジネス3月23日号の特集に連動した連載の第2弾は、若年女性への支援活動をする一般社団法人「Colabo」代表の仁藤夢乃氏へのインタビューをお送りする。

 彼女らが主な支援対象とするのは、大人と子供の狭間にいる高校生世代。それを標的にした性風俗ビジネスなども跋扈する中で、社会は孤立する少女らに何ができるのか。

まずはColaboの活動内容を伺えますか。

(写真:竹井 俊晴、以下同)

仁藤:困窮状態にある10代の女の子を中心に支援活動をしています。中身としては大きく分けて4つあって、1つ目が夜間巡回と相談事業。夜の街を歩いて、ひとりでいる女の子とか、帰れずにいる少女たちと出会うような活動と、全国から寄せられる相談に対応します。

 手法は様々で、直接会うこともあれば、LINEや電話を通してということもあります。やっぱり本人たちになじみのあるツールからの連絡は多いですね。去年1年間で90数人から相談があって、そのうちの3割ぐらいが地方の子でした。北は北海道から南は九州まで。週末に講演で全国を回っていますが、その機会を使ってその土地で相談者に会うようにしています。

一緒に食事することが支援に

仁藤:活動の2つ目が、食料面での支援です。これにはとても力を入れていて、一緒にご飯を作って食べたりするような場所や時間を持つんです。本当に貧困状態の子は、今日食べる物がないとか、誰かと食卓を囲んだ経験がないということが多い。ネグレクト(育児放棄)とか虐待を受けているケースも珍しくありません。

 そういう子と一緒に食事をすることは、空腹を満たすだけでなく関係性の構築になります。信頼ができ、相談から支援につながりやすくなります。みんな、相談することにハードルを感じていますから、「ご飯食べに来なよ」と気軽に誘うわけですね。

 3つ目が、「ユーススタッフによる活動」と呼んでいるんですが、うちが支援している当事者の女の子同士がつながって、何かイベントを企画したり、大人に向けてメッセージを発信したりするような活動を促しています。本人たちがそこで自分のことを話したりすることで、前向きになってもらえるんです。

 例えば17歳で売春をやめた子が、15歳でまだ売春宿に囲われているような女の子に対して、いろんな話をしてくれたりとかするようなこともあります。自助グループを形成している、という感じでしょうか。

 4つ目が啓発活動ですね。講演とか、大人向けの夜の街歩きスタディとか。街歩きでは、女の子たちがどういうところでどんな危険に遭っているのか、具体的にそれを見るようなツアーをやります。中学や高校でもよく話をします。

 相談の85%ぐらいが、売春とかのJK(女子高生)ビジネス、性被害、性暴力に遭った経験のある女の子たちからのものです。

声を掛けてくるのは買春者ばかり

仁藤さんご自身も過去に渋谷で路上生活をしたご経験があるそうですね。

仁藤:高校時代、約10年前になりますけど、渋谷をさまよう生活をしていました。親が鬱になって家庭が崩壊して、両親は「離婚するけどどっち選ぶ」とかそんな状況になって。家に居場所がなくなったんです。

 虐待と言っていいようなこともあって、家が安心して眠れる場所ではなくなったんですね。それで渋谷の街に出て、月の25日ぐらいを過ごすようになりました。漫画喫茶に行ったり、カラオケで朝まで過ごしたり、マクドナルドで朝まで過ごしたりということが多かったんですが、お金がない日には、ビルの屋上で段ボール敷いて寝た日もあります。

 そういう生活していると、2種類の大人が声をかけてきます。1つが買春者。もう1つは、危険な仕事、夜の仕事にあっせんするようなスカウト。それしかいなかった。ほかの大人からは冷ややかな目で見られているような気がしてましたね。

 私に限らず、そうした子はみんな、子供だけではどうにもならない問題を抱えています。だけど、そこに声をかけてくれる支援側の大人はいないんです。

コメント67件コメント/レビュー

こういう記事を読むと脊髄反射的に
「本人も納得で性産業やっているじゃないか」
「助けを求めないということは本人も状況に不満がないのだ」
「虐げられた状況でも転落せずまっとうにやっている人もいる」
って言う人必ず出てきます。

社会構造と根深く結びつく問題なのに、「個人の問題」に
しようと躍起になる。
構造的な被害にあっている方が、「私は被害者です。
適切な
対応と支援を社会に要求します。」と主張すること自体が、
たとえ自分の損得と全く関係の無い世界の話でも許せない。

この手の人たちにとって「社会に物申す被害者たち」は、
「自分の境遇を公明正大に誰かのせいにして声高に糾弾できて、
そのことで文句を言われるどころか無条件に支持してもらえる
ものすごく強くて偉くなれるオイシイ地位」を
「何の努力もせずに、もしくは『うまいことやって』手に入れた人」
にしか見えないんですよね。
その人の嘗めた辛酸なんて全く見えていないか、見えるって認めて
自分の認知が狂ってることに直面するのだけはイヤ、と。
嘆かわしい限りです。(2015/10/09 12:19)

「2000万人の貧困」のバックナンバー

一覧

「「福祉行政は風俗産業に敗北している」」の著者

中川 雅之

中川 雅之(なかがわ・まさゆき)

日本経済新聞記者

2006年日本経済新聞社に入社。「消費産業部」で流通・サービス業の取材に携わる。12年から日経BPの日経ビジネス編集部に出向。15年4月から日本経済新聞企業報道部。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

こういう記事を読むと脊髄反射的に
「本人も納得で性産業やっているじゃないか」
「助けを求めないということは本人も状況に不満がないのだ」
「虐げられた状況でも転落せずまっとうにやっている人もいる」
って言う人必ず出てきます。

社会構造と根深く結びつく問題なのに、「個人の問題」に
しようと躍起になる。
構造的な被害にあっている方が、「私は被害者です。
適切な
対応と支援を社会に要求します。」と主張すること自体が、
たとえ自分の損得と全く関係の無い世界の話でも許せない。

この手の人たちにとって「社会に物申す被害者たち」は、
「自分の境遇を公明正大に誰かのせいにして声高に糾弾できて、
そのことで文句を言われるどころか無条件に支持してもらえる
ものすごく強くて偉くなれるオイシイ地位」を
「何の努力もせずに、もしくは『うまいことやって』手に入れた人」
にしか見えないんですよね。
その人の嘗めた辛酸なんて全く見えていないか、見えるって認めて
自分の認知が狂ってることに直面するのだけはイヤ、と。
嘆かわしい限りです。(2015/10/09 12:19)

こういった見出しをつける考えが嫌ですね。もう日経ビジネスの契約更新はしないつもりです。(2015/04/04)

論点をすり替えたり、枝葉だけを取り上げたりして、他人のコメントに噛みつく非寛容な人が見受けられますね。別記事のコメント欄では「感受性がない」と自分の思い込みで他人を断罪していた(感受性が強すぎるのか)非寛容な人もいました。私はこの「非寛容=想像力がない」こそが貧困問題の根底にあるかと思います。(2015/04/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長