• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

奨学金理事長「大学にさえ行けばいいなんて、イリュージョン」

“学生の借金1兆円”が映すこの国の歪み(上)

2015年3月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本学生支援機構の奨学金を受ける大学生は、2.6人に1人に膨れ上がっている。年間の貸与額は1兆円を雄に超える。卒業後、返済できずに破産する人も現れ、家計の教育投資はいびつさを増している。是正するためには何が必要なのか。日本学生支援機構の遠藤勝裕理事長に話を聞いた。

事前に厳しめの質問をお送りしていたので、実は取材を受けていただけないのではと思っていました。

遠藤:いや、そんなことはしませんよ。広報担当に私はいつも口を酸っぱくして、マスコミの皆さんから理事長にインタビューしたいと申し込みがあったら、いつでも出ていくと言っているんです。

(写真:陶山勉、以下同)

 最近は特に奨学金の延滞額が増えたりしていることで、いろいろな報道がありますでしょう。この間も九州のほうで、奨学金が返せず自己破産を申請された方がいるようですね。そうしたことから「日本学生支援機構(JASSO)の奨学金の貸与を受けたら人生の終わり」とでも言わんばかりの報道も、実際に目にします。

奨学金はもはや社会インフラ

 でもね。そういう報道が蔓延してしまうと、「家が貧しいが奨学金を受けて大学へ行きたい」というような人が奨学金を受けなくなり、結局は人材の芽を摘むことになる。我々はそうしたイメージに負けずに、「教育の機会均等」の価値を訴えていかなくてはいけない。意欲があって、能力があって、ただ親の経済力がない。そういう子供たちのための制度であることを、しっかりと伝えていかなくてはと思っています。

日本学生支援機構は、日本最大の奨学金貸与団体です。2014年度の事業費総額は、予算ベースで1兆1745億円。そのほとんどの財源は元をたどれば公的資金です。今、大学生の2.6人に1人がその奨学金を受けている。この現状をどう捉えていらっしゃいますか。

遠藤:具体的な人数でいきますと、毎年、専門学校から大学院まで約140万人が高等教育機関で教育を受けています。新規に毎年、毎年、奨学金の貸与を受ける子たちが45万人ぐらいです。そしてご指摘のとおり、およそ2.6人に1人が私どもの奨学金を受けています。

 これだけ多くの人が奨学金を受けていることを考えれば、これはもはや日本の社会の根底を支える重要なインフラとして位置づけられます。

 逆に言えばそれだけ責任も重くなっているし、社会的に大きな影響力を持ちます。先ほどのような問題は確かにあります。完璧でございますなんて、私はとても言えない。直すべきことはたくさんあります。

返還不要の「給付」が望ましい

課題とはどんなものですか。

遠藤:私はJASSOの理事長ですが、経済同友会にも参加しまして、そこでは一貫して教育関係の活動をしています。リーマンショック後にそこで提言した内容とも重なってしまうんですが、奨学金制度の中で最も変えなくてはならないのは、現在の貸与型から給付型への移行です。経済力の弱い親、その子供たちを救うという観点からすれば、奨学金は給付型こそあるべき姿です。返さなくていいのですから。

コメント48件コメント/レビュー

無理に大学教育の為奨学金の給付を受ける学生を集める事で大学の倒産を防ぐ事が出来ているという風な事もあるそうですがそんな奨学金給付は早く止めて退職後の60代以上の意欲のある人に入学して貰うと学費ぐらいはすぐに集まると思う。大学入学を若者に限定しない方が良い。働いてお金が貯まったら復学してそれを繰り返した女性が大学長になった例もある。10年ぐらい前に米国で奨学金が利息と一緒で6百万になって困っている26歳の無職青年の記事を読んだが日本でも同じような事が起こってきているのですね。(2015/04/05)

「2000万人の貧困」のバックナンバー

一覧

「奨学金理事長「大学にさえ行けばいいなんて、イリュージョン」」の著者

中川 雅之

中川 雅之(なかがわ・まさゆき)

日本経済新聞記者

2006年日本経済新聞社に入社。「消費産業部」で流通・サービス業の取材に携わる。12年から日経BPの日経ビジネス編集部に出向。15年4月から日本経済新聞企業報道部。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

無理に大学教育の為奨学金の給付を受ける学生を集める事で大学の倒産を防ぐ事が出来ているという風な事もあるそうですがそんな奨学金給付は早く止めて退職後の60代以上の意欲のある人に入学して貰うと学費ぐらいはすぐに集まると思う。大学入学を若者に限定しない方が良い。働いてお金が貯まったら復学してそれを繰り返した女性が大学長になった例もある。10年ぐらい前に米国で奨学金が利息と一緒で6百万になって困っている26歳の無職青年の記事を読んだが日本でも同じような事が起こってきているのですね。(2015/04/05)

奨学金返還の滞納に関しては、貸し付ける側にも問題があるのではないか。申し込み時と卒業時以外に返還の話は一切していないことが、最大の問題だと感ずる。借りる時は、親が保証人になったりして、本人の自覚は全くない。4年間の沈黙の後、卒業時になって、突然、返還の話をしても、学生側は寝耳に水の状態ではないでしょうか。今の学生は、卒業後、暫くは働かずとも食って行ける状況です。親の世話になることを当たり前と考えている。だから、是が非でも就職して、社会に貢献しようという考えにはない。結局は、就職口があっても、中小企業だから、ブラック企業だから、能力が行かせないから、云々と難癖付けて、就職しない学生が多い。本当に、働いて奨学金を返そうなどと意識している学生は何パーセント居るのか疑問である。で、就職活動の期限が切れて、やれ卒業時になって、返還督促が来るのである。やはり、学生の4年間、時を見て、最低でも半年に一度程度、奨学金は社会人になって返還するものだという意識の植え付けが必要じゃないのでしょうか。そうすれば、親も子も必死になって就職活動しますよ。選り好みなどする奨学生は居なくなるでしょう。貸し付ける側の態度の問題が非常に大きいと思います。(2015/04/04)

本文にもコメント欄にも書かれていないが、JASSOの奨学金には返還免除職というのがあります。教職員は返還がめんじょされます。http://www.jasso.go.jp/menjyo/tebiki_tokubetsumenjyo.html#L1まずは、これ自体を廃止するべきでしょう。なぜ教職員になれば免除されるのか、なぜ他の職業ではだめなのか理解できません。それから私の愚息は今年高専を卒業して昨日入社式をおえました。高専の就職は文中の通り超売り手市場でした。成績最下位の愚息でも大手企業に就職が1発できまりました。同級生の就職先も知らない名前が無い企業や役所ばかりでした。就職を目的とする学校として高専は非常に良いとおもいます。ただし、就職後の昇進はあまり期待できませんが。(2015/04/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授