• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

人工知能ブームへの落胆を繰り返さない

東京大学・松尾豊准教授インタビュー

2015年3月31日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

東京大学の松尾豊准教授はウェブと人工知能、ビジネスモデルの研究を専門としており、人工知能学会の倫理委員会委員長を務めるほか、企業から共同研究の依頼も数多く寄せられており、同分野で高い注目を集める若手研究者の1人だ。松尾氏に昨今の人工知能ブームへの考え方を語ってもらった。なお、松尾准教授は、日経ビッグデータが4月21~22日に開催するイベント「BigData Conference 2015 Spring」に登壇予定。

松尾豊(まつお・ゆたか)
2002年東京大学大学院工学系研究科電子情報工学専攻博士課程修了、博士(工学)。産業技術総合研究所入所。2005年より2年間スタンフォード大学言語情報研究センター客員研究員。2007年10月より現職。専門は人工知能、ウェブ工学

今年3月、『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの』(KADOKAWA刊)という本を出したが、この本を書こうと思った背景と、人工知能の現状について聞かせてほしい。

松尾:人工知能がブームになっていく中で、今なぜブームになったのか、世の中の人にしっかり分かってほしいと感じたのでこの本を書こうと思った。1回目のブームは1956年から60年代、2回目は80年代。今回で3回目だが、変な期待感だけが高まってしまうと、後々良くないのでこうした本を出す必要がある。


実態を正しく理解してほしい

松尾:企業と共同で人工知能の研究をすることが多いこともあって、日頃から実態を正しく理解してもらうように努めている。それは、とても大事なことだと感じている。

 決して大きなことは言わず、できないことはできないとあらかじめ言っておくべきだと思っている。それをやっておかないと、期待感がどんどん膨らんでいって、実際にできなかったときにがっかりされるということが起きる。過去に2度あった人工知能ブームでは、過度な期待があったが故に落胆もかなり大きかった。

 特にメディア関係者と(研究・開発)予算を付ける責任者には、特に実態を正しく理解してほしい。その意味でこの本はある一定の役割を果たしているのではないかと思う。

*聞き手注
『人工知能は人間を超えるか』で松尾准教授は、「人工知能について報道されているニュースや出来事の中には、『本当にすごいこと』と『実はそんなにすごくないこと』が混ざっている。『すでに実現したこと』と『もうすぐ実現しそうなこと』と『実現しそうもないこと(夢物語)』もごっちゃになっている。それが混乱のもとなのだ」と書いている。

 人工知能の専門家からはいい評価をもらっている。まずここが重要なことなので、正直言って安心している。人工知能を知りたいという一般の人からは「よく分かる」と言われている。もっとも、本当に人工知能に関して素人の方には「ちょっと難しいですね、でも気持ちが伝わります」と感想をいただいたりしている。

コメント0

「ゲームチェンジャー ~データ&デジタル化で競争のルールを変える~」のバックナンバー

一覧

「人工知能ブームへの落胆を繰り返さない」の著者

多田和市

多田和市(ただ・わいち)

日経ビッグデータ

日経ビジネス記者・副編集長、日経情報ストラテジー編集長、日経ビジネス編集委員、日経BPビジョナリー経営研究所上席研究員などを経て、2014年1月から日経ビッグデータ記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長