• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

婚活男性の3割がセカンドバッグとリュック!?

プライベートで男性が持つべきバッグとは

2015年4月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私は年に10回ほど、「婚活セミナー」で男性に着こなしについて教えています。

 みなさん、セミナーには私服で参加していますが、その時にどのようなバッグを持っていると思いますか。

 実はセカンドバッグやリュックの比率がとても多いのです。どのセミナーでも参加者の3割前後を占めています。

 そして、このどちらも女性からは敬遠されるアイテムです。

 女性にアンケートを取ると、「男性にやめてほしいアイテム」の1位、2位を争うのがセカンドバッグとリュックです。婚活中の男性なら、初対面やデートでは持って行くのを避けた方がいいでしょう。

 私がこの事実を伝えると、参加者のみなさんは驚きます。男性が思っている以上に、女性の拒否反応が強いアイテムなのでしょう。

 プライベートなシーンで使うカジュアルバッグは、ビジネスバッグに比べると、デザインや色、柄などの選択肢が多く、それだけ選び方の難易度は高くなります。何を選べばいいのかわからず、学生時代から使い慣れているリュックや、コンパクトなセカンドバッグを手にしてしまうのでしょう。しかしこれはいただけません。

 そこで今回は、プライベートシーンのバッグ選びついて伝授します。

本連載「センス不要!ロジカル着こなし術」が1冊の本になりました。タイトルは「勝負する男のロジカル着こなし術」。連載の中で特に読まれた記事だけではなく、書籍向けに書き下ろした内容も盛りだくさん。「ファッションが嫌いでも苦手でも、ルールを知って工夫するだけで、着こなしは格段に変わる」をテーマに、ビジネスやプライベート、婚活で「勝つ」ための着こなし術をまとめています。


コメント3

「センス不要!ロジカル着こなし術」のバックナンバー

一覧

「婚活男性の3割がセカンドバッグとリュック!?」の著者

吉田泰則

吉田泰則(よしだ・やすのり)

ライフブランディング代表取締役

伊勢丹でメンズ館の立ち上げに参画し、伊勢丹メンズ館のバイヤーを務める。現在は独立し、男性専門ファッションコーディネートサービスを提供するライフブランディング代表。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

高橋 学

高橋 学(たかはし・まなぶ)

フリーライター

日経トレンディや日経ビジネスムック、ダイヤモンドオンラインなどで執筆。著書は『結局「仕組み」を作った人が勝っている』『「場回し」の技術』(光文社)など。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト