• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アメリカ西海岸の港が世界経済を止める

年収1700万円の人々がケンタッキーとマクドナルドとホンダを止めた

2015年4月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ロサンゼルス港など米西海岸の港湾労働交渉で輸出入に遅れが出た(写真:AP/アフロ)

 米国西海岸の労使交渉。

 米国の港で働いている人たちがストライキをして、その影響で日本への食品が滞ったあの事件か――。と、この程度の認識をもっている人ならば日本でも少なくない。しかし、そのストライキをした組合員の年収が1764万円だったと知ったら、印象がだいぶ異なるに違いない。

 今回は、米国西海岸で起きた労使交渉問題について、その概要から、労使問題の終了後はどのように報じられているかなどを含めて、総括的に紹介したい。

 2014年末から2015年初めにかけて、意外な伏兵が私たちの食生活にダメージを与えた。ケンタッキー・フライド・チキンやマクドナルドが商品の一部の販売を中止すると発表した。マクドナルドは2014年12月に、ケンタッキーは2015年1月に、おのおのの代表商品だったフライドポテトを調達上の問題から販売中止せざるを得なかったのだ(マクドナルドはM/Lサイズを中止し、Sサイズは継続した)。すかいらーくも影響を隠せなかった。

 また米国からの輸入牛肉も影響を避けられず、国内価格が上昇した。前年同期比で牛は約10%、豚は約20%も輸入量が減ってしまったから、部位によって上昇率は1~3割にも至った。米国産の豚肉を中心に取り扱うとんかつ店では、他国産に切り替えて味を変えるわけにいかなかった。よって通常以上の在庫を抱えたり、それでも足りない分は空輸したりして、コスト上昇を受容するほかなかった。ただ、そういったフランチャイズチェーンはなかなか短期間で調達品を切り替えられないものの、スーパーなどではオーストラリア産に切り替えたり、レストランでも他国産に移行したりして何とか乗り切った。

 食品の問題ばかりが報じられたものの、問題は食品にとどまらなかった。ホンダは米国とカナダの工場で突如2.5万台を減産した。これらの工場では日本で生産した部品を輸入して、現地で組み立てるノックダウン方式をとっているが、日本から届くはずの部品が滞ってしまった。ホンダは港から鉄道ではなく、まだマシなトラックに切り替え奮闘したものの、影響を軽微にできなかった。日産自動車も被害を受けたのは同じで、海運があまりに遅延したため、空輸によってなんとかラインをつないだ。米国市場が好調すぎた富士重工業はどうしても減産できなかったため、エンジンを空輸し70億円もの追加コストを支払った。

コメント2

「目覚めよサプライチェーン」のバックナンバー

一覧

「アメリカ西海岸の港が世界経済を止める」の著者

坂口 孝則

坂口 孝則(さかぐち・たかのり)

調達・購買コンサルタント

大阪大学経済学部卒業後、電機メーカー、自動車メーカーに勤務。原価企画、調達・購買、資材部門に従業。調達・購買関連書籍23冊を上梓。2010年、調達・購買コンサルタントとして独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監