• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

投手分業と球数制限のお話です

編成・育成データ担当:山本一郎リポートVol.4

  • 山本 一郎

バックナンバー

2015年4月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 山本一郎です。酒をかなり減らしたら4kg痩せました。酒太りは危険ですねえ。

 諸事事情があって、先日大物外国人であるギャビー・サンチェスさんがファームにやってきました。これといって故障があるわけではなく、ただ極度のインサイドアウトなフォームでコンパクトに鋭く振り切るスタイルで取り組んできた分、日本の野球に戸惑いがある部分が感じられました。何より本人は物凄く良い人なので少しリフレッシュして一軍に送り返してあげたいということで、コーチや通訳の皆さんの献身的なフォローで技術的にも精神的にも立ち直って一軍に帰っていきました。ああ、野球は数字だけではなく人間がやっているものなのだなと実感するところです。

 我らがデーブ大久保監督もサンチェスさんについてはかなり気にしておられました。

デーブ監督「で、サンチェスさんはどう?」
わたくし「結構良い感じで3DBEDDCです」
デ「何でパワプロで表現するんだよ! 分かんねえよ」
わ「やる気アップのために彼女候補のいる練習をします」
デ「パワプロかよ。そもそも彼女って誰だよ。チームのマネージャーは野郎しかいねえぞ」
わ「さっそく新番組『手裏剣戦隊ニンニンジャー』の件で話しかけたでやんす」
デ「矢部ちゃんみたいな軽妙トークおかしいだろ」
わ「昨日は4タコ1四球でしたが、まだミートカーソル合わせるのにパッド慣れしてませんね」
デ「だからパワプロ風に説明するのやめろ」
わ「申し訳ございません」

伝説の時代から分業の時代へ

 何より、そういう大物が練習している光景や、野球に取り組んでいる姿勢を若い選手が見て学ぶのも面白いことですし、ファームのメンバーも積極的にギャビーに話しかけてさっそく溶け込んでいるのが印象的でありました。ファームとしても、うまく一軍に順応して元気に四球を選んでいる姿を見ると安心する次第です。

 ところで、今回お話しするのは投手分業と球数制限です。

現代アートな感じの素敵な看板がかかっている楽天イーグルス独身寮「犬鷲寮」。すべてはここから始まる(はず)
選手みんながくつろぐ居間の風景。白いカーペットなのに綺麗なのは誰もジュースとかこぼさない証拠

コメント0

「楽天イーグルス ビリから逆襲3年計画 データで勝負だ!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授