• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

朴槿恵外交に噴出する「無能」批判

「日本の孤立化」に失敗、ついに身内も「NO!」

2015年5月7日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「日本の孤立化」に失敗した朴槿恵(パク・クンヘ)外交。韓国で「無能」と糾弾されるに至った。それも身内の保守系紙からだ。

「2年間の無能と無気力」

韓国紙が朴槿恵政権の外交を「無能」と批判したそうですね。

鈴置:最大手紙、朝鮮日報が社説「米日新同盟、北東アジアに対決の構図を作ってはならぬ」(4月30日、韓国語版)の結論部分で「無能」という単語を使いました。以下です。

  • 朴槿恵大統領は今年夏頃に米国を訪問する予定だ。韓米同盟を強化できる絶好の機会となる。一方、韓中関係もまた疎かにしてはならない。韓国外交が過去2年あまりの無能と無気力から脱却し、国家生存戦略を掲げ、これを行動に移すべき時だ。

 朴槿恵外交の全否定です。この厳しい書き方には驚きました。朝鮮日報は、保守系紙の中でも政権に最も近いと見られていたのです。

 同紙は続いて、5月4日付の社説「外交も、経済も、改革もできない無気力な青瓦台(大統領府)」(韓国語版)で、結語に「無能」を使いました。以下です。

  • 人事の刷新を通じて国を率いる力を取り戻さなければ、この政権は「無気力」という批判に晒され続けることになろう。そして結局は「無能な政権」という汚名をそそがざるを得なくなるのだ。

許せない指揮官

 朴槿恵外交に関し「無能」という言葉をいち早く使ったのは、同紙の姜天錫(カン・チョンソク)論説顧問でした。「日本の後進外交、韓国の無能外交」(4月24日、韓国語版)というコラムで、です。

 姜天錫論説顧問は日本の外交を「周辺国の恨みを買う子供っぽい外交」と決めつける一方、自国の外交当局も厳しく批判しました。

 韓国の執拗な反日に対し米国が発していた警告と、首脳会談に向け動いていた日中の動きを察知できなかった鈍感さを槍玉に挙げました。そして「この政権は許せない」とまで書いたのです。以下です。

  • 「戦闘に敗れた指揮官を許すことはできても、警戒を怠った指揮官は許すことができない」という言葉は、軍隊だけで適用されるものではない。

朝鮮日報が「無能攻撃」をかけている感じですね。

待望の第5弾 最新刊 ◎3刷出来!◎
Amazon【韓国・北朝鮮の地理・地域研究】部門
ベストセラー1位獲得!
「三面楚歌」にようやく気づいた韓国

中国に従いながら、米国との関係も維持を…
「二股外交」の策を弄し続けてきた韓国。
しかし気づけば、日本、北朝鮮、そして米国にもそっぽを向かれる「三面楚歌」に。
いよいよ中国の手のひらで踊るしかない状況に「従中」か「米陣営に戻る」か「中立化」か国論は分裂、焦燥感と閉塞感が社会を覆う。
揺れる韓国が招く北東アジアの流動化、新たな勢力図と日本の取るべき進路を、読み切る。

中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』『中国という蟻地獄に落ちた韓国』『「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国』『日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う』に続く待望のシリーズ第5弾。オンライン未掲載のオリジナル年表なども収録。3月9日発行。

コメント42件コメント/レビュー

コメント回答「天安門事件」へ。なるほど、確かにと言えなくは無いかとも取れますが、自称リベラル系の実質中国側工作員により日和りも強かった時期ですね。中国を信じてではなく、目先の餌(経済的利益)に釣られて中国を助けたともいえる。この辺は大戦の加害者であるから中国に強く出るのもという意識も強かったでしょう。対立による戦争への道を恐れたのかもしれない。これらの複数の思惑により中国に手を差し伸べたのでしょう。それに結果的に米国含め他国も天安門を大問題として継続しなかったので、最初かどうかは大きな問題ではない。(2015/05/09)

オススメ情報

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「朴槿恵外交に噴出する「無能」批判」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

韓国観察者

元日本経済新聞記者。1995~96年ハーバード大学日米関係プログラム研究員、2006年イースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。02年度ボーン・上田記念国際記者賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コメント回答「天安門事件」へ。なるほど、確かにと言えなくは無いかとも取れますが、自称リベラル系の実質中国側工作員により日和りも強かった時期ですね。中国を信じてではなく、目先の餌(経済的利益)に釣られて中国を助けたともいえる。この辺は大戦の加害者であるから中国に強く出るのもという意識も強かったでしょう。対立による戦争への道を恐れたのかもしれない。これらの複数の思惑により中国に手を差し伸べたのでしょう。それに結果的に米国含め他国も天安門を大問題として継続しなかったので、最初かどうかは大きな問題ではない。(2015/05/09)

いつ、韓国がデフォルトになるのか。楽しみです。そうなっても日本政府は手を差し伸べないことを望みます。(2015/05/08)

日本の世界遺産登録勧告に対する韓国の嫌がらせを聞くにつけ、日本の多くの国民が韓国に一層嫌悪感を持ったことは想像に難くありません。また、このままの韓国政権の有り様では、近い将来に韓国が中国に政治も経済も完全に取り込まれるか、さらなる韓国政界や司法界などへの北朝鮮の工作活動によって反米・反日活動を激化させるような危険な国になるような気がしています。日本は朝鮮半島の危険な変化に十分注意し、その備えを早くかつ十分にしておく必要があると思います。(2015/05/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

5年前は(日本製を好む中国人の消費は)一過性のものだと考えていた。

高原 豪久 ユニ・チャーム社長