• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ナポレオン3世に擬された朴槿恵

「扇動メディアが国を亡ぼす」と悲鳴を上げる大物記者たち

2015年5月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 韓国の大物記者2人が相次ぎ「事実よりも感情を優先して書く」と韓国メディアを批判した。矛先は、その扇動型メディアに動かされる朴槿恵(パク・クンヘ)大統領にも及ぶ。

朝鮮日報は扇動メディアだ

前回は、韓国で朴槿恵政権の外交が「無能」と批判されている、という話でした。

鈴置:保守派指導者の1人、趙甲済(チョ・カプチェ)氏は朴槿恵政権がスタートした2013年から「米中等距離」や「親中反日」外交は反米につながる危険なものだ、と繰り返し主張してきました(「米国も見透かす韓国の『卑日一人芝居』」参照)。

 その意見が韓国でようやく理解され始めた時、趙甲済氏は「国内外で見捨てられる朴槿恵の親中反日路線」(4月23日、韓国語)を自身のネットメディアに載せました。

 この記事が興味深いのは朴槿恵政権だけではなく、「反日」を扇動した主犯として、最大手紙の朝鮮日報を厳しく批判したことです。

 趙甲済氏はまず、朝鮮日報の社説「5カ月ぶりにまた開いた中・日首脳会談、孤立避ける戦略はあるのか」(4月23日、韓国語版)を引用します。この社説も朴槿恵外交への批判が目的でした。趙甲済氏が引用したのは以下の部分です。

  • 「米中双方からのラブコール」などと外交当局のトップが言い、日本との首脳会談を3年間も避けているうちに、中・日首脳会談が相次いで開かれた。
  • 政府は日本の歴史に関する退行的な言動に対しては原則を持って対応しつつも、安保や経済問題についてはもう少し柔軟性のある現実的な打開策を考える必要がある。

手のひら返しで「反日の失敗」と批判

 この社説を引用した後、趙甲済氏は返す刀で次のように朝鮮日報に筆誅を加えます。

  • 朝鮮日報をはじめとする韓国メディアの一方的、感情的、非戦略的な反日報道に迎合し、親中反日の外交路線を堅持してきた朴槿恵大統領が、この社説を読んだらさぞ複雑な思いにとらわれたであろう。
  • もし、朴大統領が条件なしで安倍首相と会談しようとしたら、歴史戦争をそそのかしてきた朝鮮日報などのメディアは「自尊心のない外交」と猛烈に非難したことだろう。
  • (朴大統領の反日外交は)中国のラブコールと韓国メディアの反日報道に忠実に従ったものだ。しかし、日中和解ムードと米日の蜜月関係の進展によって韓国が孤立した姿を見せるや否や、その事態の展開に責任のあるメディアが朴大統領の反日外交に背を向け始めた。

 確かに朝鮮日報は、先頭に立って韓国を「反日」に誘導してきました。それなのに反日路線が破綻すると、突然に手のひらを返し「反日政権」を批判したのです。「いくら何でもご都合主義ではないか」と趙甲済氏は問い質したのです。

待望の第5弾 最新刊 ◎3刷出来!◎
Amazon【韓国・北朝鮮の地理・地域研究】部門
ベストセラー1位獲得!
「三面楚歌」にようやく気づいた韓国

中国に従いながら、米国との関係も維持を…
「二股外交」の策を弄し続けてきた韓国。
しかし気づけば、日本、北朝鮮、そして米国にもそっぽを向かれる「三面楚歌」に。
いよいよ中国の手のひらで踊るしかない状況に「従中」か「米陣営に戻る」か「中立化」か国論は分裂、焦燥感と閉塞感が社会を覆う。
揺れる韓国が招く北東アジアの流動化、新たな勢力図と日本の取るべき進路を、読み切る。

中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』『中国という蟻地獄に落ちた韓国』『「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国』『日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う』に続く待望のシリーズ第5弾。オンライン未掲載のオリジナル年表なども収録。3月9日発行。

コメント69件コメント/レビュー

この一連の記事は、韓国政府の外交姿勢やマスコミの異常な反応に関する日本人の一般人には理解し難い行動を裏付けて納得することには大いに役立っているが、これらの事実に基づく記事を無視してなお、韓国を擁護できる日本人がいるかの方が遥かに疑問だ。擁護できる情報を持っているなら出せばいい。あるか無いか判らない情報は判ずるに値しないのだから。(2015/05/19)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「ナポレオン3世に擬された朴槿恵」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この一連の記事は、韓国政府の外交姿勢やマスコミの異常な反応に関する日本人の一般人には理解し難い行動を裏付けて納得することには大いに役立っているが、これらの事実に基づく記事を無視してなお、韓国を擁護できる日本人がいるかの方が遥かに疑問だ。擁護できる情報を持っているなら出せばいい。あるか無いか判らない情報は判ずるに値しないのだから。(2015/05/19)

ナポレオン3世は普仏戦争に敗北という最後こそ惨めでしたが、その治世を通して幾多の功績を残しています。イタリア統一戦争に介入してのサヴォワ・ニースの獲得、産業革命の進展、鉄道網の整備、パリ大改造などなど。朴槿恵と同列に語るのはあまりにも失礼です。(2015/05/17)

韓国メディア及び大統領等を批判するため、冷静にそれらの欠点だけを抽出しまとめた記事。韓国の批判をするにあたり、ある意味で参考になる。しかし、日本人と韓国人、双方の発言、安倍首相と朴首相、韓国国内の反対意見賛成意見など、対比している箇所が少なく、韓国批判に偏った記事である印象は否めない。日本には韓国擁護の意見、情報は少ないのだから、そういった文章を公平に織り交ぜることで韓国の置かれている状況を、読者に客観視させる記事を読みたい。この記事を読んだだけで、韓国メディア及び大統領等を批判できる軽率な日本人は少ないだろう、という印象だった。(2015/05/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長