• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

住民投票間近 大阪都構想は、大都市から始める国の再生戦略だ

「政令市」という巨大で非効率な「業界」にメス

2015年5月11日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

5月17日、大阪都構想の是非をめぐり、大阪市民による住民投票が実施される。この結果は、大阪にとどまらず全国の大都市に影響を及ぼす可能性がある。ではそもそも、大阪都構想は何を目指しているのか。

 大阪は日本第2の都市であり、西日本の首都ともいわれる存在だ。ところがこの40年ほどの間に衰退し、生活保護受給率でも犯罪発生率でも全国ワーストワンに堕ちた。市役所も府庁も事実上財政破たんし、全国のお荷物と化してしまった。

 大阪の衰退の原因は、産業構造の転換の遅れや新幹線によるストロー現象などいろいろある。しかし90年代に府と市が無駄な二重投資を繰り返したこと、府と市が対立し、協力して事業を行わないこと(松井・橋下体制でようやく是正)、そして市役所に自ら改革する能力がないこと(後述する)が大きい。

「政令指定都市業界」の解体が始まる

 都構想が目指す大阪市役所の分割と民営化、そして大阪都への再編は、大阪のローカルな事件にとどまらない。「国鉄」、「郵政」に次いで全国に20もある「政令指定都市」という巨大で非効率な公共事業体が“分割民営化”される大改革の始まりを意味する。

 国鉄も郵政も戦後しばらくは全国一律型の公社形態で立派に機能した。だが巨大な公社の形態では小回りが利かず、技術革新と民間との競争についていけない。また公社は議会のチェックを受けるがゆえに必ず政治利権の対象となり(不採算路線の建設など)、同時に政治力をバックに労組も経営に介入する。かくして国鉄も郵政も自律的な経営改革ができずに最後は政府の手で分割、民営化された。次は、大阪を皮切りに全国の政令指定都市が同じ運命をたどるのではないか。

都構想と大都市制度の見直しは政府の方針

 それゆえ、大阪都構想への賛否を問う5月17日の大阪市民211万人の住民投票の結果は、わが国の未来をも大きく左右すると、筆者は確信している。

 「維新の党が勢力を増して憲法改正につながる?」「政界再編につながる?」という政局与太話ではない(それも否定はしないが主題ではない)。これからの日本の存亡を決める大都市のあり方が、この日で決まる。だから要注目なのだ。

 なお、今回の住民投票については「議論が足りない。尚早だ」とか「橋下徹大阪市長の大衆扇動だ」と批判する向きがある。しかし、大阪都構想は2010年1月、つまり5年以上も前に提唱され、その後の2度の統一地方選挙、府知事選、市長選の争点とされた。加えて維新の会は2回の衆議院選挙と1回の参議院選挙でもその意義を住民に説明してきた。

 大阪からの要請に応じて、政府と既存政党も動いてきた。総務省は長らく大都市制度の改訂をしてこなかったが、2012年には人口200万人以上の大都市について政令指定都市制度を離脱して特別区制度に移行するための手続き法(「大都市地域における特別区の設置に関する法律」)を制定した。

コメント59件コメント/レビュー

投票が終わって,結果には若干のさみしさを覚えた。しかし,これも民主主義であり,橋下さんも言っていたように,「民意」の読み違いをしたのだから,橋下さんが政界を引退するのやむを得ない。しかし,政治生命は立たれても,人としての命はとられない民主主義の素晴らしさ。それを支える「報道の自由」の意味を報道関係各位には肝に銘じてほしい。道州制と関係づけて「大阪都構想」を論ずるのは少し方向性が違う気がする。ただ,地方自治のあるべき姿を考え,議論するいい機会になったという意味でなら確かにつながっている。大阪の政界の人々にはぜひ,「21世紀の地方自治」とは何か,どうあるべきか,を考えてほしい。大阪市民諸兄にも考えてみてほしい。そしてより良い「自治」,「行政サービス」のあり方,地方財政基盤のあり方を日本全国,全世界に向かって発信してほしい。住民投票の費用を「ムダ金」という前に,人類文明あるいは歴史への貢献という「崇高な見栄」につなげてほしい。大阪商人の「道」には反するのかもしれないが期待してみたい。(2015/05/20)

「上山信一の“あまのじゃく”改革談義」のバックナンバー

一覧

「住民投票間近 大阪都構想は、大都市から始める国の再生戦略だ」の著者

上山 信一

上山 信一(うえやま・しんいち)

慶応義塾大学総合政策学部教授

1957年大阪市生まれ。京都大学法学部卒。米プリンストン大学公共経営学修士。旧運輸省、マッキンゼー(共同経営者)を経て現職。専門は経営戦略と行政改革。九州大学ビジネススクール客員教授。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

投票が終わって,結果には若干のさみしさを覚えた。しかし,これも民主主義であり,橋下さんも言っていたように,「民意」の読み違いをしたのだから,橋下さんが政界を引退するのやむを得ない。しかし,政治生命は立たれても,人としての命はとられない民主主義の素晴らしさ。それを支える「報道の自由」の意味を報道関係各位には肝に銘じてほしい。道州制と関係づけて「大阪都構想」を論ずるのは少し方向性が違う気がする。ただ,地方自治のあるべき姿を考え,議論するいい機会になったという意味でなら確かにつながっている。大阪の政界の人々にはぜひ,「21世紀の地方自治」とは何か,どうあるべきか,を考えてほしい。大阪市民諸兄にも考えてみてほしい。そしてより良い「自治」,「行政サービス」のあり方,地方財政基盤のあり方を日本全国,全世界に向かって発信してほしい。住民投票の費用を「ムダ金」という前に,人類文明あるいは歴史への貢献という「崇高な見栄」につなげてほしい。大阪商人の「道」には反するのかもしれないが期待してみたい。(2015/05/20)

大阪市民の良識を、「約1万票差での否決」と云う形で表すことが出来て、先ずは良かったと思っています。 横山ノック元知事や西川きよし元参議院議員など、大阪には「政治の世界にもお笑い枠」はあるのですが、橋下氏も自らが「お笑い枠で当選させて貰った」ことを自覚せず、おかしな方向に突き進み多額の税金が大阪都構想なる幻想のために無駄に使われてしまったのが、この7年間の大阪府民最大の不幸だったかと… 未だにそれに気づいていない人が、大阪市に69万人余りもいることに、ある意味大きな驚きではあります。(2015/05/18)

大阪市民の良識が反映する選挙結果で、良かったと思います。(2015/05/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授