• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本酒はどこまでグローバルになれるか

ツーリズムと輸出の好循環で潜在市場を拓く

2015年5月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

訪日客の日本酒のリピート意向はなぜ低い

 私たちが日常「日本酒」と呼んでいるものは、税法では「清酒」と定義されます。国税庁の「清酒製造業の概況」によると、清酒製造事業者数は1997年には2109社ありましたが2012年には1517社(28%減)となり、「酒類販売(消費)数量の推移」で清酒は1975年の167万5000kl(キロリットル)から、2010年は58万9000klと、ピーク時の約3分の1へ減少しました。国内市場は1980年代後半には低価格の焼酎に、90年代は発泡酒にその市場を奪われ、2000年代に入ると酒類販売市場そのものが縮小していきました。

 一方、輸出市場では、2014年の酒類の輸出総額は294億円で10年前の2.8倍となり、うち清酒は2.6倍となる115億円で酒類の中でトップとなっています。農林水産省では日本酒を含む「コメ・コメ加工品」の輸出額を2012年の130億円から2020年までに600億円にするとしています。しかし、日本酒のポテンシャルとはその程度のものなのでしょうか。

 毎年ロンドンで開催される世界最高峰のワイン・コンペティション「IWC(インターナショナル・ワインチャレンジ)」に2007年からSAKE部門が設けられ、世界での日本酒への関心は増しています。2013年にはユネスコ無形文化遺産に和食が登録され、日本食とともに日本酒の消費も拡大しています。

 観光庁の「訪日外国人消費動向調査(2014年次報告)」で、「日本食を食べること」は訪日前の期待値で76.2%、満足度で87.6%と共に最も高い数値を示しました。また訪日前に期待していたことで「日本酒を飲むこと」は24.4%で、「旅館に宿泊」の25.2%と並ぶ数字を示しており、土産で「その他食料品・飲料・酒・たばこ」を購入した人は51.7%、日本滞在中に購入した商品で酒は56.1%の人から美味しいと評価されています。

 一方、今回したことと次回したいことを「日本酒を飲むこと」で比較したところ、「今回日本酒を飲んだ」38.8%に対し、「次回日本酒を飲みたい」は21.8%と17ポイントも低下します。これは何を意味するのでしょうか。

 現在、国として外国人に日本産酒類の魅力を知ってもらう需要喚起や販路開拓、事業者育成等の取り組みが経済産業省や観光庁、国税庁、ジェトロ、酒類総合研究所、日本酒造組合中央会などを中心に行われています。観光庁では有識者、酒造関係業界、観光・交通関係団体、地方自治体、政府機関、協力企業に呼びかけ「酒蔵ツーリズム協議会」を設置していますが、これらの取り組みは個々バラバラで強力なリーダーシップや事業間の戦略的連携も見られません。

 需要喚起の活動は国際会議や外交上のレセプションや会食でのPR、在外公館赴任予定者を対象にした研修や外国人を対象にした広報活動、日本食や日本文化の紹介と連動したイベントや国際空港でのキャンペーンなどに留まり、販路開拓の手法は海外見本市への出展や国内の商談会、海外でのバイヤーとのマッチングなどに限られます。

 ジェトロが2013年、7カ国を対象に行った「日本食品に対する海外消費者意識アンケート調査」で、日本料理は好きな外国料理でトップの83.8%を獲得。また「日本産清酒」を購入したことがある人は53%、飲んだことがある人は75.7%で、中でも中国では「購入経験あり」86%、「飲んだ経験あり」が91.5%と高くなりました。一方で、「日本産清酒」を「非常に高く評価する」は18.7%、「やや高く評価する」は62.4%となっており、前出のリピート意向の大幅なポイント低下と共通の課題がうかがえます。

 農林水産省によれば、各国を代表する酒の輸出額(2011年)はフランスのワイン7740億円、イギリスのスコッチ5150億円。世界のワイン消費量は約2400万kl。主要な消費国はEU、米国等で、近年は中国での消費量が上昇傾向にあるといいます。

 果たして日本酒はワインやウイスキーに並ぶ存在になれるのでしょうか。またそうなるためには何が必要なのでしょうか。

コメント6件コメント/レビュー

日本酒の海外進出に関する記事が、最近、幾つか載っていますが、どうも国内の現状を無視したものが多いように感じます。現在の日本酒の位置は、日本人の中でも所謂「日本酒オタク」が嗜む、完全に非主流の酒です。「國酒」などの大仰な呼称は似つかわしくありません。日本酒を取り巻く一番の問題は明らかで、過去、幾つかの日本酒を取り巻くブームがあった際に、ブームによる需要の増大に応えられず、プレミア化して価格が暴騰し、消費者にとって実際の味と価格が乖離することで結果として消費者を遠ざけました。一体、茨城の蔵元や銘柄を説明出来る日本人、いや茨城県民がどれだけいるでしょうか?今、日本酒が目指すべきは「ワイン」ではなく、真の意味での「國酒」であり、国内の消費者ニーズと嗜好に合わせた低アルコール化と、日本酒の副産物である酒粕の発展的活用と、日本酒の味に対する客観的な指標の策定であると考えます。(2015/05/19)

「日本人が知らない新・ニッポンツーリズム」のバックナンバー

一覧

「日本酒はどこまでグローバルになれるか」の著者

水津 陽子

水津 陽子(すいづ・ようこ)

合同会社フォーティR&C代表

経営コンサルタント。合同会社フォーティR&C代表。地域資源を活かした観光や地域ブランドづくり、地域活性化・まちづくりに関する講演、コンサルティング、調査研究、執筆等を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本酒の海外進出に関する記事が、最近、幾つか載っていますが、どうも国内の現状を無視したものが多いように感じます。現在の日本酒の位置は、日本人の中でも所謂「日本酒オタク」が嗜む、完全に非主流の酒です。「國酒」などの大仰な呼称は似つかわしくありません。日本酒を取り巻く一番の問題は明らかで、過去、幾つかの日本酒を取り巻くブームがあった際に、ブームによる需要の増大に応えられず、プレミア化して価格が暴騰し、消費者にとって実際の味と価格が乖離することで結果として消費者を遠ざけました。一体、茨城の蔵元や銘柄を説明出来る日本人、いや茨城県民がどれだけいるでしょうか?今、日本酒が目指すべきは「ワイン」ではなく、真の意味での「國酒」であり、国内の消費者ニーズと嗜好に合わせた低アルコール化と、日本酒の副産物である酒粕の発展的活用と、日本酒の味に対する客観的な指標の策定であると考えます。(2015/05/19)

酒類の管轄が国税庁であるから産業として伸ばす政策が乏しいと考えているのだが、そこに触れる記事を読んだことがない。国税庁がこわいのかな(2015/05/15)

「世界で日本酒の評価や人気が高まる中、このままでは日本産ではない清酒が海外市場を席巻し、世界的な銘柄となる可能性もあります」---これは、カルフォルニアワインやバーボンウィスキーの成功と同じことですね。もし、本当に世界中の人が美味しいと思うものなら、本来の地元以外でも生産されるようになり、どちらも成功する。ですから、日本産でないものが本当に大規模に売れるようになるとすれば、日本産も売れるようになるのではないでしょうか?■しかし、日本酒がそうなるかどうかは、分かりません。この記事の著者は単に宣伝の問題だと捉えているようですが、本当にそうでしょうか? 南ドイツやチェコで生まれたラガータイプのビールがこれだけ世界中で生産され消費されているのに、昔ながらのエールタイプのビールがそれほど広まらないのはなぜでしょうか? ラガーの宣伝がうまかったから? 中国の伝統酒が日本で広まらないのは(千年以上の交流があるのに)、宣伝が下手だから?. . . 多分そうではなくて、純粋に、美味しいと思うかどうかという、問題なのではないでしょうか? 米国に住んでいた頃、個人的に欧米の人に日本酒を飲ませた反応を見ますと、結局、あまり美味しいと思ってもらえないことが多いようです。お世辞で美味しいと言ってくれても、以降自分で日本酒を買うようになる人はごく僅か。カルフォルニア産の日本酒だったら手頃な値段ですし、そこら辺のお店でいくらでも売っているのにです。(2015/05/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長