• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「沖縄の声」をワシントンに届ける

2015年5月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2012年3月、筆者は縁あって沖縄県庁に勤務することになった。普天間飛行場移設問題について、沖縄の声を米国の首都、ワシントンに伝えるために。筆者はこの前、ワシントンにあるジョンス・ホプキンス大学高等国際関係大学院(通称SAIS)附属ライシャワーセンターの研究員であったため、ワシントンでのネットワークや知見を買われてのことだった。当時はまだ仲井真弘多知事が辺野古埋め立て承認をする約2年前であった。

 まずは、「普天間飛行場移設問題」とは何か、「沖縄の声」とは何か、「ワシントン」とは誰を指すのかについて説明する。

 普天間飛行場移設問題の経緯については新聞などで見かけることもあるだろう。1995年に起きた米兵による少女暴行事件を契機に、沖縄では参加者が約8万5000人に上る抗議の県民大会が開かれた。これを受け、日米両政府は沖縄の人々の怒りを鎮めるべく、沖縄が負う米軍基地の負担を軽減する措置を考えるためのタスクフォース(通称SACO)を新設。翌96年には、普天間飛行場を含めた在沖米軍施設を移設あるいは土地を返還すること通称SACO合意を発表した。

 普天間飛行場は、宜野湾市の市街地のただ中に位置し、軍用機が墜落すれば大惨事に至ることが容易に想定された。実際に2004年、軍用ヘリが普天間飛行場近くの沖縄国際大学キャンパス内に墜落している。奇跡的に死者は出なかったものの、普天間飛行場の危険性を改めて認識させるものだった。

 ただし、普天間飛行場の移設先は1996年時点では検討継続とされた。そして2006年、日米両政府が移転先を辺野古に決定し、「再編実施のための日米のロードマップ」(通称ロードマップ)に明記した。

 ところが2009年、この決定についての地元との調整が完全にはついていないうちに、「県外移設」を掲げる鳩山由紀夫氏が率いる民主党政権が誕生。その後、鳩山首相(当時)は発言を二転三転させ、結局、辺野古に戻った。

 この間、地元沖縄では、辺野古を抱える名護市と沖縄県が2010年に、それぞれ市長選と知事選を実施。いずれも県外移設を求める候補を当選させることで民意を示した。しかし、県外移設を掲げて当選した仲井真弘多知事が2013年12月に辺野古埋め立てを承認。現在、埋め立てのための調査が辺野古で進められている。

普天間飛行場を辺野古に移設させたい理由

 普天間飛行場の移設スキームは意外に知られていない。普天間飛行場を管理しているのは、米国海兵隊である。海兵隊は、陸上部隊、空挺部隊、兵站部隊の三位が一体となって行動する。沖縄では、陸上部隊は主にキャンプ・ハンセン、キャンプ・シュワブに、空挺部隊は普天間飛行場に、兵站部隊は主にキャンプ・キンザー、キャンプ・フォスターに点在する。

コメント14件コメント/レビュー

「県民の声」があまり偏った報道が多い中、何を指すか期待して読んだが、知事側の立場で書いているだけですね。わざわざ日経ビジネスオンラインに載せる意味があまり感じられませんでした。(2015/05/20)

「「沖縄外務省アメリカ局」での勤務を命ず!」のバックナンバー

一覧

「「沖縄の声」をワシントンに届ける」の著者

吉川 由紀枝

吉川 由紀枝(よしかわ・ゆきえ)

ライシャワーセンター 研究員

慶応義塾大学商学部卒業。アクセンチュアに勤務。2005年コロンビア大学にて修士号取得後、ライシャワーセンターにてアジャンクト・フェロー。2012年-2014年は沖縄県知事公室地域安全政策課主任研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「県民の声」があまり偏った報道が多い中、何を指すか期待して読んだが、知事側の立場で書いているだけですね。わざわざ日経ビジネスオンラインに載せる意味があまり感じられませんでした。(2015/05/20)

左翼メディアしか存在しないという沖縄の不幸に対し、県外の人たちはもっと理解をするべきだ。新聞もテレビも同じようなことを垂れ流し続け、元々素直な県民性もあって、恐ろしいほどの洗脳が連日なされているのです。 色々な情報を提供して、沖縄の人たちに少しでも公平な観点での判断材料を提供できればいいなと思います。(2015/05/20)

そもそも、72年の沖縄返還に際して、米国政府は「軍政がこれまで通りなら、民政については返還する」という条件を出した(当時の自民党はこの条件を飲んだが、国民には説明していない)。沖縄の軍政を持っている以上、米国は「普天間基地が危ないというならさっさと辺野古でもどこでも代替基地を用意しろ、移転費用は全て日本持ちで」は当然主張するでしょう。思いやり予算で駐留経費の面倒まで見てくれるのですから、条件としては最高の海外基地という訳です。筆者は本来は頭の良い方なのでしょうが、この問題に触れずに(まさか知らないのか?)情緒的な話だけしてもねえ。ワシントン側も苦笑いでしょう。(2015/05/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長