• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

おじいちゃんにモテる若者になろう!

高校生は信じる。「若者と年配者をつなげれば、きっと面白い」と

  • 日経トップリーダー

バックナンバー

2015年5月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「起業で社会を良くしよう」という目標を掲げた高校生のビジネスコンテスト「NES2015」が3月28日に開催された。「日経トップリーダー」は2014年からこのコンテストを応援してきました。今年「日経トップリーダー賞」を受賞したのは、「チームCKS」。フリーペーパーやSNSを通して高齢者と若者をつなぐ取り組みを提案しました。メンバーの3人と、彼らを指導してきたチューターに、現在の活動内容や今後の意気込みを聞いた。

<チームCKS>
高野悠さん(前列中央、受賞時は高校3年生、現在は大学1年生)、中島誠士郎さん(前列左、受賞時は高校3年生、現在は大学1年生)、安彦賢さん(前列右、受賞時は高校1年生、現在は高校2年生)、チューターの市川賢人さん(後列)は現在大学4年生

年配者が孤立しない社会にしたい

まず「チームCKS」というチーム名ですが、何の略なのでしょうか?

高野:「地域活性」です。あるテレビ番組を見ていたときに、万引きの総件数が15年前に比べて半分になっているのに対して、年配の方による万引き件数が倍になっていると放送されていたんです。その多くが経済的理由ではなく、生きがいがないなど精神的な理由であると知りました。自分は祖父と仲が良く、年配の知り合いも多かったので、年配の方が孤立しないように地域で何かできないかと思ったのがきっかけで、リーダーとしてこのチームをつくりました。

チームのまとめ役、高野さん

 このチームCKSは、中島君と安彦君の3人で活動しています。

中島さんと安彦さんがチームCKSに参加したきっかけを教えてください。

中島:僕がこのチームに参加したきっかけは、1年前にボランティアで宮城県の気仙沼に行ったことです。震災から3年経っていたのでそれなりに復興しているイメージを抱いて行ったのですが、商店街は日曜日にも関わらず閑散としていて。なんて淋しいんだろうと思いながら、ラーメン屋に入ったら、中でおばさんがとても元気に笑顔でラーメンを出してくれたんです。その明るさに感銘を受けて、人と人とのつながりってやっぱり大事だな、と思いました。地域活性化に携わりたいと考えていたときにCKSのことを知り、思い切って参加することにしました。

安彦:僕の場合は、特に何かがやりたいという具体的な意思はなかったのですが、社会的な問題に興味があったんです。実は最初に入っていたチームが途中で解散してしまって、どうしようかなと思っていたときにリーダーの高野さんに声をかけられまして。社会問題に取り組んでいるとことに惹かれ、CKSに参加しました。

年配者と若者の間に思いがけない触れ合いが生まれた

地域活性とは大きなテーマですが、どのような活動をしているのですか?

高野:60~70代の年配の方と20代以下の若者の間にギャップがあることを強く感じたので、この世代間の格差をなくし、多様性のある社会をつくることを理念として掲げ、活動しています。年配の方と若者が結び付くことによって生まれる新たな価値を探しているんです。

コメント1

「ベンチャー最前線」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長