• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エネルギー安保の新時代、太平洋島嶼国から水素輸入へ

2015年5月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 5月22日と23日、福島県いわき市で「第7回太平洋・島サミット(PALM7)」が開催される。太平洋・島サミットは、ミクロネシア・メラネシア・ポリネシアの国々からなる太平洋島嶼国と日本の首脳が一堂に集まり、地域が直面する様々な問題について意見を交換する。太平洋の島嶼国はどこも経済規模は大きいわけではないが、外交的には重要な国々ばかりだ。歴史的に親日的であり、これまで国際社会で日本の立場を支持してきた。

 このPALM7に先立ち、21日には太平洋島嶼国の首脳らに対して日本側からある提案が行われる。それが、日本へ水素を輸出することを前提にした経済協力開発だ。PALM首脳らにプレゼンテーションするのは衆議院議員の福田峰之氏。自由民主党の「FCVを中心とした水素社会実現を促進する研究会」で事務局長を務め、日本の水素関連施策の立案に関与してきたキーパーソンである。

 なぜ太平洋島嶼国から水素を持ってくるのか。そして日本にどんなメリットをもたらすのか。プロジェクトの公表を前に、福田議員に要点を聞いた。

(聞き手は坂田 亮太郎)

太平洋・島サミットについて詳しくはこちら

最近、水素に関する話題が増えてきたとは言え、太平洋の島嶼国から水素を持ってくるという構想には驚きました。

福田:日本では昨年末、トヨタ自動車から水素によって走行する燃料電池車(FCV)が発売されたのはご存じの通りです。日本の水素技術は世界でも最先端であり、既に太陽光や風力など自然エネルギーから水素を製造する技術は実用化段階にあります。そして、水素を安全かつ大量に輸送する技術の開発も着実に進んでいます。

福田峰之(ふくだ・みねゆき)氏
衆議院議員。1964年4月生まれ、立教大学社会学部卒業。88年衆議院議員亀井善之氏(元運輸相・農相)秘書、99年横浜市会議員初当選。2005年、2012年、2014年の衆議院議員選挙で当選。2015年より内閣府大臣補佐官就任。自由民主党では「FCVを中心とした水素社会実現を促進する研究会」(会長は小池百合子氏)の事務局長のほか、組織運動本部遊説局長、IT特命委員会事務局長、知的財産戦略調査会コンテンツ委員会事務局長などを務める(写真:的野 弘路、以下同)

 こうした要素技術を組み合わせれば、太平洋の島々から水素を輸出して、日本に持ってくることは十分に実現可能なスキームなのです。

 具体的に申し上げましょう。南の島ですから日本よりも日射量が多いので、太陽光発電に向いています。あるいは、騒音の問題で設置する場所選びが難しい風力発電でも、住んでいる人の少ない島の端などなら設置しやすいと言えるでしょう。こうしたクリーンなエネルギーで発電した電気のうち、余った電気を水素に変換して貯めておくことができます。

 その水素をマイナス253度まで冷やして液化水素にすれば体積は800分の1にまで圧縮することができます。それをLNG(液化天然ガス)のように専用タンカーに積んで、日本へ向けて運搬すればいいのです。確かに水素を液化したり、運んだりするにはエネルギーが必要ですが、それは再生エネルギーで発電した電気を使えばいいのです。環境に新しい負荷をかけるわけではありません。

コメント2

「日本発、水素産業ピラミッドを目指して」のバックナンバー

一覧

「エネルギー安保の新時代、太平洋島嶼国から水素輸入へ」の著者

坂田 亮太郎

坂田 亮太郎(さかた・りょうたろう)

日経ビジネス副編集長

東京工業大学大学院修了後、98年日経BP入社。「日経バイオテク」「日経ビジネス」を経て2009年から中国赴任。北京支局長、上海支局長を経て2014年4月から日経ビジネスに復帰

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長