• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

和牛はモ~からない?

~畜産農家を襲う五重苦の正体~

2015年5月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「あら、日本にもWAGYUがあるのね」

 牛肉業界団体の担当者は和牛のPR活動で訪れた欧州で、現地の消費者にこう言われ、唖然とした。相手に、WAGYUのWAという字はそもそも「日本」の意味なのだと説明しながら、虚しさを隠し切れなかった。「満を持して輸出を再開したら、大きな注目を集めた以前とは全く状況が違った。まるで『浦島太郎』のような心境だよ」。

 日経ビジネス5月18日号特集「円安でも儲からない」で紹介したように、日本産の高級牛肉である和牛の輸出が想定ほどには伸びていない。最も大きな障害となっているのが、外国産WAGYUの存在だ。

 1990年代、研究用として米国に渡った日本の黒毛和牛が現地の品種との交配を重ね、米国産のWAGYUは誕生した。その後、さらに海を渡り、オーストラリアやフランスなどにも普及。ステーキ用の精肉で和牛の3~5割程度という安さを売りに、世界市場を席巻している。

 日本の和牛は90年代から、米国や東南アジアの富裕層向けに輸出を始めたが、2000年に国内で口蹄疫が発生。各国で和牛の輸入禁止措置が取られ、日本から輸出できない状況に陥った。その後、2012年に米国で、2013年にはEU(欧州連合)で輸入が解禁。昨年時点で28カ国と再び取り引きが行われるようになった。

海外のスーパーマーケットに並ぶオーストラリア産のWAGYU。消費者は違和感なく手に取る。

 和牛の輸出額は4年連続で前年を上回るなど順調に拡大しているように見える。ただ、現状の伸び率では、政府目標である「2020年の輸出額250億円」の達成には届かない。和牛の輸入禁止措置が取られた10年間で、WAGYUに一気にシェアを奪われたのが響いたと見られる。

 それに追い打ちをかけたのが、海外の富裕層を中心とした健康志向の高まりだ。霜降り(サシ)が肉全体に混じり、舌の上でとろける和牛は「脂身」として受け取られ、敬遠されるようになった。

 だが、和牛の輸出が思うように伸びない理由はそれだけではない。

 日本には、「神戸ビーフ」「松阪牛」など地域ごとに高級和牛ブランドがある。国内では地域ごとのご当地ブランドの訴求力が高く、地域最適を優先した戦略が成功したが、海外ではそれが裏目に出たのだ。

コメント8

「円安でも儲からない」のバックナンバー

一覧

「和牛はモ~からない?」の著者

林 英樹

林 英樹(はやし・えいき)

日経ビジネス記者

大阪生まれ。神戸大学法学部卒業後、全国紙の社会部記者として京都・大阪で事件を取材。2009年末に日本経済新聞社に入り、経済部で中央省庁担当、企業報道部でメディア・ネット、素材・化学業界などを担当。14年3月から日経BP社(日経ビジネス編集部)に出向し、製造業全般を取材している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)