• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

米国の「うんざり」が「嫌韓」に変わる時

米韓同盟の危機はこれから来る

2015年5月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 米国が韓国に言い渡した。中国に対抗するため、米国は日本とスクラムを組んだのだ。「慰安婦」で我々の仲を裂こうとするな――。

韓国を見透かしたマイケル・グリーン

前回は「日本との外交戦に負けた」としょげ返っていた韓国が、突然、元気になった、という話でした。

鈴置:エズラ・ヴォーゲル(Ezra F. Vogel)ハーバード大学名誉教授ら187人の日本研究者たちが、安倍晋三首相に慰安婦問題の解決を求める声明を発表したからです。

 この「日本の歴史家を支持する声明」は、韓国の姿勢にも疑問を投げましたが、韓国各紙はそれをほとんど無視。この声明を援軍に外交戦で日本に逆襲しようと、メディアは戦意を盛り上げました。

 実は、この状況を見越していたかのような記事があります。マイケル・グリーン(Michael Green)戦略国際問題研究所(CSIS)上級副所長兼ジョージタウン大学准教授が、安倍首相の訪米直前に中央日報に寄稿した「安倍の訪米に韓国は何を期待するのか」(4月24日、日本語版)です。

米国も左派は「反・安倍」

  • ニューヨーク・タイムズ(NYT)のようなメディアは安倍首相の議会演説を非難するだろう。だが彼の演説を歓迎するメディアもあるだろう。
  • 日本と同じように、安倍政権に対する米国エリートの見解は理念によって分かれている。米国人は一般的に日本に対して非常に肯定的な見解を持っている(もちろん韓国に対しても非常に肯定的だ)。

 米国の左派は安倍演説を批判するだろうが、それに舞い上がって現実を見誤ってはいけないよ、とのアドバイスです。

 なお、丸かっこの中の「もちろん韓国に対しても……」のくだりは日本語版と韓国語版(4月24日)にはありますが、大元の英語版「What to expect from Abe's visit」(4月27日)にはありません。「日本とどちらが上か」を気にする韓国人読者に配慮して入れたのでしょう。

待望の第5弾 最新刊 ◎3刷出来!◎
Amazon【韓国・北朝鮮の地理・地域研究】部門
ベストセラー1位獲得!
「三面楚歌」にようやく気づいた韓国

中国に従いながら、米国との関係も維持を…
「二股外交」の策を弄し続けてきた韓国。
しかし気づけば、日本、北朝鮮、そして米国にもそっぽを向かれる「三面楚歌」に。
いよいよ中国の手のひらで踊るしかない状況に「従中」か「米陣営に戻る」か「中立化」か国論は分裂、焦燥感と閉塞感が社会を覆う。
揺れる韓国が招く北東アジアの流動化、新たな勢力図と日本の取るべき進路を、読み切る。

中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』『中国という蟻地獄に落ちた韓国』『「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国』『日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う』に続く待望のシリーズ第5弾。オンライン未掲載のオリジナル年表なども収録。3月9日発行。

コメント48件コメント/レビュー

米国が韓国を嫌いになることは、これまでの伝統的事大主義による韓国政府の中国へのすり寄りが止まらないのでどうしようもないことでしょう。北朝鮮の対南工作と中国の恫喝外交のなせるワザかも知れません。よって、米国は勧告を見限って、在韓米軍を撤退させることも近い将来あり得るかと私は想像しています。なにせ在韓米軍の兵站を担う在日米軍と自衛隊との関係強化を、どう見ても韓国政府が良く思っていないのですから。日本国民も日本政府も、もう韓国との関係改善などということは考えてはなりません。日本にとって害毒のみの国なんですから。最近毒気も増してきましたし。(2015/05/28)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「米国の「うんざり」が「嫌韓」に変わる時」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

米国が韓国を嫌いになることは、これまでの伝統的事大主義による韓国政府の中国へのすり寄りが止まらないのでどうしようもないことでしょう。北朝鮮の対南工作と中国の恫喝外交のなせるワザかも知れません。よって、米国は勧告を見限って、在韓米軍を撤退させることも近い将来あり得るかと私は想像しています。なにせ在韓米軍の兵站を担う在日米軍と自衛隊との関係強化を、どう見ても韓国政府が良く思っていないのですから。日本国民も日本政府も、もう韓国との関係改善などということは考えてはなりません。日本にとって害毒のみの国なんですから。最近毒気も増してきましたし。(2015/05/28)

南シナ海の偵察活動で、中国がアメリカを「戦争になるぞ」と恫喝している時に、何を言っているんだ韓国?の気分でしょう。(2015/05/26)

米韓関係を解説した記事のコメント欄でこんなに執拗に叩かれるなんて、安倍さんの「人気」もスゴイですね(笑)。これでもし鈴置先生と朝鮮半島について対談でもやろうものなら、コメント欄は罵詈雑言で埋め尽くされるんじゃないですか? 現体制で初の日中首脳会談が昨年秋に開かれましたが、あのように憮然とした顔を世間に晒した習近平も珍しい。会談後は比較的にこやかだったらしいのであくまでも中国国内向けのポーズだったのでしょうが、中国という超大国の最高権力者にそれを強いたのは、安倍さんの外交手腕への強い警戒です。パククネ女史ごときが太刀打ちできないのも当然です。これまでのアジアや中東、アフリカ訪問に加え、今回米国でも評価を確定させたわけで、安倍さんの地球儀俯瞰外交は着実に成果を生み出していると言えます。安倍さんは50%を超える支持率を堅持していて、その支持層も相当強固です。このコメント欄に涌いている安倍叩きの方々も、妄想にとらわれずに冷静に彼の言動を分析すべきです。傍から見ると単なるヒステリーや火病でみっともないですよ。(2015/05/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授