• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国の定年引き上げが招く子育て崩壊

孫と老人の需要激減でモールは倒産ラッシュ

2015年5月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

土曜昼のショッピングモール。広場に設けられた子供用施設は大勢の家族連れで賑わっていた(上海地下鉄13号線・金運駅近くのモール)

 今年3月に開かれた全国人民代表大会(全人代、国会)で、中国政府の尹蔚民人事社会保障相が、現行、男性60歳、女性50歳としている定年を引き上げる意向を示した。何歳に引き上げるのか、男女の差を無くすのかなどの具体的なことはなお未定、実施は早くても2022年など、まだ先の話なのだが、2050年には1.3人で1人の高齢者を支える時代が到来するとの試算がある中、年金制度の維持を目的に、定年引き上げの実施は確実な情勢になったと言える。引き上げの年齢は男女とも65歳というのが有力なようだ。

 これを聞いて私はとっさに2つのことが心配になった。1つは子育ては誰がするようになるのか。もう1つはゴーストタウン化しているショッピングモールの大量倒産である。例を挙げて理由を説明しよう。

 先日、3年ぶりに友人夫妻に会うことになった。2人とも1965年生まれで今年50歳。私と同い年である。

 どこで会おうかという話になり、「2歳になる孫娘も連れて行くので、子供が退屈しないところがいい」と言う。同居している息子夫婦は共働きで、孫もまだ幼稚園に行く年齢に達していないため、平日は祖父母である友人夫婦が付きっきりで孫の面倒を見ている。

 孫を連れて来るのなら、どこか適当な場所のショッピングモールで会うのがいいだろうということになった。ここ2年ほどにできた新しいモールは、必ずと言っていいほど子供を遊ばせておけるキッズルームやフィールドアスレチックを備えているからだ。

「生涯フルタイムで仕事」を支える祖父母の子育て

 ただ、会うのは日曜日。息子たちが休みの日ぐらい孫の面倒は息子夫婦に任せればいいんじゃないの? 3年ぶりに会うんだからゆっくり積もる話もしたいしさと言うと、「息子はその日休日出勤。嫁は、『仕事が休みの日ぐらい動きたくない』と日曜日でも子供の面倒なんか見やしないよ」とボヤく。

 上海から400キロ離れた安徽省の農村出身のこの友人夫婦は、結婚後の大半を上海などの大都市に出稼ぎに出て暮らしており、夫はアパートの警備員や工場の工員、妻は主に家政婦や道路やビルの清掃員として働いてきた。ただ、彼らと最後に会った3年前は、ちょうど2人とも仕事を失ってしまったところで、当時21歳だった息子が上海郊外に開いたカット10元(約200円)の理容店の店先を借りて朝食用の肉まんやあんまんを作って細々と売り始めていた。ちなみにこの息子も16歳で上海に出てきて働いている。

コメント5件コメント/レビュー

子供に愛情も感じず、当然、親の愛情も知らず。こういう家庭環境で育った子供や孫たちが将来どのように国家を背負っていくのか。考えただけでも暗澹たる気持ちになる。つまり、隣国に暮らす日本人として、そのとばっちりを、どう受けるのか考えたときに。(2015/05/21)

「中国生活「モノ」がたり~速写中国制造」のバックナンバー

一覧

「中国の定年引き上げが招く子育て崩壊」の著者

山田 泰司

山田 泰司(やまだ・やすじ)

著述業/EMSOne編集長

1992~2000年香港で邦字紙記者。2001年の上海在住後は、中国国営雑誌「美化生活」編集記者、月刊誌「CHAI」編集長などを経てフリーに。2010年からは、「EMSOne」編集長も務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

子供に愛情も感じず、当然、親の愛情も知らず。こういう家庭環境で育った子供や孫たちが将来どのように国家を背負っていくのか。考えただけでも暗澹たる気持ちになる。つまり、隣国に暮らす日本人として、そのとばっちりを、どう受けるのか考えたときに。(2015/05/21)

親に家事育児を丸投げした人は、孫ができても面倒みれませんよ。だって家事の仕方も知らないし子供の扱いも知らないんだから。年取ってから急にやろうとしても無理。定年退職して家でゴロゴロしている姑にこき使われる嫁の話をたまに聞きます。(2015/05/21)

私自身は60歳で定年退職した時に暇で仕様が無かった。なので、62歳の時に中国に行って再就職して1年間働いた。その時に同僚達に聞いた「子供はどうしているの?」に対して一番多かったのが、「田舎から親を呼び寄せて子供の面倒を見てもらっている。」だった。中国では余程の高級取りででもない限り共稼だから、子供は誰かに託さざるを得ない。次は、田舎の親に就学年齢に達するまでの間預ける方法と人を雇って日中面倒を見てもらうやり方がある。なぜかゼロ歳児から預けられる保育所のようなものはなさそうだった。私が中国滞在中によく言われたのが、「あなたは若い。とても62歳には見えない。」というもので社交辞令程度に受け止めていたが、後に奥さんの両親を田舎から呼び寄せた友人の話を聞いて合点がいった。彼らが都会に出てきたのは良いが、体調を崩して帰ってしまったという。友人は「年寄りだから」と言っていたが、彼らは私より若かった。定年までに余程体を酷使して子供たちを育てたのだろう。因みに、友人たちの世代は「一人っ子政策」によって、子供は一人しか持てないが、彼ら自身は兄弟を持っている人が多い。女性の多い職場だったが、何故この会社を選んだのか聞いたところ、「外資系で男女差別がないから。」という答えだった。定年まで差別されていたのが、今は平等になったのだろうか。中国関連の記事を読む度に中国で過ごした日々の事を思い出す。(2015/05/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長