• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ミライで水素ローリーを追っかけた

製造から運搬まで水素供給網の全貌を写真で紹介

2015年5月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

何かと話題の「水素」がどこで製造され、どうやって水素ステーションに運ばれて来るのか。そんな疑問を明らかにするため、岩谷産業に取材を申し入れた。ひょんなことからFCVに乗らせてもらえることになったのだが…
水素を運ぶローリー車。工場の出荷から水素ステーションへの供給までを追った(写真:吉成 大輔)

 今、何かと話題にのぼる「水素」がどこで製造され、どうやって水素ステーションにまで運ばれて来るのか。そんな疑問を明らかにするため、水素の製造・供給を手掛ける岩谷産業に取材を申し入れた。当初は、水素を運搬するローリー車に同乗取材させてほしいと考えていた。

 「水素ローリー車に乗ってみたいのですが…」記者からの申し出に、岩谷の広報担当者は面食らっていた。「え、何のためにですか?」「水素供給の全貌が見たいんです…」「ローリー車に乗るのはちょっと…。安全上、問題がありますので…」「そうですか…」。

 諦めかけていた記者に思わぬ逆提案があった。「ローリー車には乗れませんが、トヨタのミライでローリー車を追いかけるのはどうでしょう」「おお!それは面白いですね。最後に、水素ステーションで乗っていたミライに水素を充填できたら完璧です!」

 こうして、水素を巡る珍道中が始まった。

岩谷産業東京本社の駐車場に止まったトヨタのミライ。岩谷が購入したものだ(写真:吉成 大輔)

 取材当日、集合したのは午前4時。辺りはまだ真っ暗だった。岩谷産業の東京本社で待ち合わせ、トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」にカメラマンと一緒に乗り込んだ。

コメント3

「日本発、水素産業ピラミッドを目指して」のバックナンバー

一覧

「ミライで水素ローリーを追っかけた」の著者

島津 翔

島津 翔(しまづ・しょう)

日経ビジネス記者

2008年東京大学大学院工学系研究科修了、日経BP社に入社。建設系専門誌である日経コンストラクション、日経アーキテクチュアを経て、2014年12月から日経ビジネス記者。担当分野は自動車、自動車部品。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長