• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

地政学的手法で斬ると見えてくる“ギリシャ危機の真の姿”

2015年5月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 既にご存知のように、ギリシャは長いこと、財政危機に悩まされ続けている。

 本稿は安全保障や戦略、そして戦争に関係することの多い「地政学」について解説しているので、ギリシャの財政問題は関係がないように思われるかもしれない。ところが「地政学リスク」という言葉が一般的に使われるようになったことから分かる通り、経済問題と地政学(国際政治において地理が戦略的な意味を持つこと)はきわめて密接な関係を持つ。例えば最近、日経新聞が記事の中で、「地政学的に重要な位置にあるギリシャの政治が一段と混乱することによる影響も無視できない」と書いている。

 本連載をこれまで読んでこられた方々は、ここで「地政学的に重要な位置」という言葉に敏感に反応されたはずだ。ギリシャの財政問題になぜ「地政学的な位置」が関係するのか? それは具体的にどのようなものなのだろうか?

 そこで今回は、このギリシャの「地政学的な位置づけ」という表現が意味するものを理解するために、古典地政学の視点を参考にしつつ、そこから連想できるいくつかのヒント(インプリケーション)を導き出したい。

ドイツとロシアという2大大国の中間に位置

 前回も指摘したように、地政学ではまず、視覚に訴える手段を活用する。実際の地理を二次元で視覚化した「地図」は欠かせない存在だ。

 論より証拠、百聞は一見に如かずということで、実際の地図で確認してみると、ギリシャは欧州の南端、地中海の東北の沿岸の半島に位置している。

 ここで重要なのは、欧州という広域の地図で見た場合に、ギリシャに大きな影響を及ぼす可能性がある大国(great powers)と、その大国とギリシャがどのような位置関係にあるのかだ。大国というのは国際政治の主要プレイヤーであり、好むと好まざるとにかかわらず、ギリシャのような中小規模の国家の命運に影響を与える。

 この観点で見れば、現在の欧州でギリシャに大きな影響を与える可能性を持つ大国が2つある。一つはドイツだ。ドイツは欧州連合(EU)を通じてギリシャに最大の資金を貸し付けている国だ。EU加盟国の中で最も強い経済力を持ち、その発言権も最も大きい。

 地図で見ると、ドイツとギリシャはバルカン半島を経て地続きでつながっている。ベルリンからアテネまでは陸路で2400キロほど、飛行機で約3時間で行き来できる。

「これを知らずにもうビジネスはできない! 「あなた」のための「地政学」講座」のバックナンバー

一覧

「地政学的手法で斬ると見えてくる“ギリシャ危機の真の姿”」の著者

奥山 真司

奥山 真司(おくやま・まさし)

地政学・戦略研究家

カナダ、ブリティッシュ・コロンビア大学卒業。英国レディング大学大学院博士課程修了。戦略学博士(Ph.D)。国際地政学研究所上席研究員、青山学院大学非常勤講師。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長