• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

いまさら生産回帰を問い直す

モノ作り大国復権か、それとも単なる反動か

2015年5月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「全くリアリティーのない話です」――。

 職業柄、様々な人に会う機会が多い。私のお客は様々な業界にわたっている。特に講演などを行った際には、質問を通じて、新たな発見をすることも多い。それにしても、その質問者にとって、リアルを感じられない話とは何だったのか。

 それは私が以前、国内生産回帰について話していた時のことだ。

 現在、自動車産業や電機、そして一部の業界では、生産回帰を進めている。これまでアジアを中心とした海外で生産を拡大していたところ、円安をきっかけに日本国内へ再び生産を戻そうとしているのだ。もちろん、生産回帰は今後どうなるか分からない。しかし、トレンドはトレンドとして、歓迎できる側面もある――と。

 例の発言は、運送業界に属す人からの感想だった。それに対して何にリアリティーがないかというと、私が「歓迎できる」と述べた点ではない。むしろ、「生産回帰」自体が生じていない、少なくとも実感としては一切感じられないと言うのだ。

 このところアベノミクスの影響か、円安が続いている。少し前まで超円高と言われていたものの、今では120円程度だ。考えてみれば当然で、それだけ円安が進んでしまえば、海外から日本に輸入する際に高くなってしまうのは当然だ。またそれが当然ならば、日本国内へ回帰させるのも、同じく当然だろう。

 ただし、その発言者がリアリティーを感じられない理由は何なのか。そして、本当に生産回帰は起きているのか、いないのか。講演会では、質問という名の、単なる感想が大半ではある。ただ、終わってしばらく考えてみるに、この質問者の感想(というか心情の吐露)は重要な示唆に富んでいると思うに至った。恐らく、それは「生産回帰」なる単語の定義に関わる、極めて興味深い論点を内包している。

国内各社の生産回帰状況と予定

 国内回帰として大きな動きを見せているのは、自動車各社だ。

 トヨタ自動車でいえば、レクサスの一部車種は国内工場で(全量ではないものの)北米向けを生産すると決めたし、カムリについても同様だ。ホンダは生産補完の意味もあり、人気車種フィットの生産を一部、メキシコから国内に引き戻す。日産自動車も似た動きを見せている。

 自動車メーカーの動向を受けて、サプライヤーも国内で増産している。ホンダ系のメーカーであるケーヒンはこの円安と自動車メーカーの国内生産量増加を好機として、積極的に生産ラインの移管を進める。せっかく日本に戻す以上は生産技術の改善を施したうえで、世界の工場にノウハウを伝達していく。

 とはいえ、ティア1サプライヤーであれば自動車メーカーからグローバルに受注しているため、米国での受注が日本に切り替わったにすぎないともいえる。ただ、ティア2、ティア3といったサプライヤーは海外進出していないケースがほとんどであるため、その分はまるまる日本に好影響を与えた恰好だ。

 例えば一部の自動車部品メーカーの下請け企業(ティア2、ティア3のサプライヤー)は、実際にインタビュー記事等を見るかぎり、嬉しい悲鳴をあげている。急な設備増強が必要な場合は、資金負担が重荷になるため慎重さも伺える。

コメント0

「目覚めよサプライチェーン」のバックナンバー

一覧

「いまさら生産回帰を問い直す」の著者

坂口 孝則

坂口 孝則(さかぐち・たかのり)

調達・購買コンサルタント

大阪大学経済学部卒業後、電機メーカー、自動車メーカーに勤務。原価企画、調達・購買、資材部門に従業。調達・購買関連書籍23冊を上梓。2010年、調達・購買コンサルタントとして独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授