• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お寺の税金が免除されている理由

ビジネスパーソンのための仏教入門(3)

2015年5月30日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回の「タイのお坊さんが「サングラスにグッチのバッグ」でも尊敬される理由」から読む)

原始仏教の第一人者である佐々木閑・花園大学教授による「ビジネスパーソンのための仏教入門の第3弾。アニメや書籍などで描かれている「一休さん」の世界には、知られざる社会インフラの機能があった!? 現在の寺院が住職のプライベート空間になっている実態に迫りつつ、「寺の存在意義」「宗教課税」に一石を投じる。

一休さんの真実

今回は少し、ディープな質問から始めさせていただきたいと思います。前回、先生は僧侶の社会的役割を「死や絶望から人をすくうこと」とおっしゃいました。実は、最近、私がある尼僧さんを取材した際、まさにそういう活動をされていました。尼寺や尼僧って実は、伝統的にそうした役割や機能があった。

佐々木 閑(ささき・しずか)氏。(写真:杉本幸輔、以下同)

佐々木:あったと思います。例えば小僧さん時代の一休さんが活躍する世界がそうです。よく当時の寺の姿がドラマなどで描かれる際に、寺に和尚が1人いて、その周りにかわいい小僧さんが沢山いますね。そんな小僧は、みんな村の口減らしや、やっかい払いで、寺に預けられている子供たちです。このように寺に子供を預けるという風習は、昔からあったのです。戦前まであった。

結構、最近まで寺に子供を預けることが、あったのですね。

佐々木:私の同僚の先生にも小さい頃、村の寺に預けられ、そのまま禅僧になった人がいます。前回までの話で、本来の仏教には必須であるはずの「律に基づいたサンガ」が日本にはなく、絶望した人を受け入れることをしてこなかったことが、仏教の衰退につながっていると言いました。しかし日本にも、律は存在しないけれど行き場のなくなった人の受け皿として寺院が機能した時期は確かにあります。釈迦の仏教ほど完全ではないにしても、日本の寺だって、サンガに近い役割を果たしてきたのです。

それは貧しい時代、そういう社会の底辺で生きる人たちが、寺があることで救われた時代があり、それに対し、寺が機能していた時期があったということですね。

佐々木:そうです。

これが社会の成熟に伴って、人権問題とか、個人情報問題とか、法令の問題とかが叫ばれ出します。また、昨今のネット時代の影響もある。社会の構造変化とともに、寺の機能が失われてきているということでしょうか。

佐々木:それは確かにあるでしょう。ただ、釈迦の時代でも同じようなことがありました。

 例えば人権問題。サンガでは、20歳にならなければ正式な僧侶として受け入れなかったのです。

 ですから児童相談所のような施設から子供が本人の意思とは関係なくサンガに送られて、そのまま無理矢理、僧侶にさせられる、などということは釈迦の時代から認められていませんでした。見習い修行をしているかわいい小僧さんたちも、20歳の段階で、そのまま寺に残るか、社会に出て一般人として暮らすかをしっかり選択する自由があったのです。

 サンガに入るということは、本人が自分で決断し、自分で納得したうえでそこに行く。それが原則です。ですから、人権や個人情報の問題があるから、寺が人を受け入れられない、などということはあり得ません。現代においても、困ってやって来る人を受け入れるのは、寺の重要な機能の一つだと考えています。

コメント5

「宗教崩壊」のバックナンバー

一覧

「お寺の税金が免除されている理由」の著者

鵜飼 秀徳

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

日経おとなのOFF副編集長、浄土宗僧侶

京都市景観市民会議委員(2016年)、佛教文化学会会員。 1974年生まれ。成城大学文芸学部卒業後、報知新聞社へ入社。2005年日経BP社に入社。日経ビジネス記者などを歴任。2016年4月より日経おとなのOFF副編集長。浄土宗僧侶の顔も持つ。正覚寺副住職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO