• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

資生堂が挑む“本音”の女性活用

「女性が活躍する会社」2年連続1位企業の進化

2015年5月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 身長187cm。光沢のあるピンクのネクタイにグレーのスーツをまとった男はその日、終始上機嫌だった。

 資生堂社長、魚谷雅彦。花束を渡されると白い歯を見せ、会場前列に座る関根近子常務に目を遣った。

 「私が持っているのもなんだから、当社の常務の関根に渡したいと思います」

 壇上に現れた関根に花束を託す。続く「多様性、世界一の会社へ」と題したプレゼンでは、会場に訪れた同社の女性社員を巻き込みながら話を進めていく。実は昨年5月も魚谷はこの会場で、「女性の活躍」をテーマにプレゼンをした。当時に比べて足取り軽く感じられるのは、社長就任から1年が過ぎ、“魚谷改革”の手応えを感じているからなのか。

 日本経済新聞社と日経BP社が主催した、女性の働き方や生き方に関する総合イベント「WOMAN EXPO TOKYO 2015」。開催に先立ち、5月22日に『日経WOMAN』と日経ウーマノミクス・プロジェクトによる「女性が活躍する会社Best100 2015」の贈賞式が行われた。

 式には全日本空輸(ANA)社長の篠辺修、セブン&アイ・ホールディングス社長最高執行責任者(COO)の村田紀敏、ソニー社長兼CEOの平井一夫など、業種別トップ企業10社の代表が参加した。

順位 企業名
1 資生堂
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
80.7 79.2 70.3 70.2 78.0
順位 企業名
2 セブン&アイ・ホールディングス
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
80.2 85.5 62.5 74.4 54.0
順位 企業名
3 全日本空輸(ANA)
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
80.0 75.0 73.4 75.5 72.0
順位 企業名
4 JTB
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
78.6 88.5 55.2 64.4 67.5
順位 企業名
5 第一生命保険
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
77.6 69.9 74.0 72.3 81.0
順位 企業名
6 日本IBM
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
75.9 80.0 66.7 60.8 64.5
順位 企業名
7 高島屋
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
75.2 78.4 66.1 56.9 76.5
順位 企業名
8 リクルートホールディングス
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
75.1 83.0 49.5 69.7 64.5
順位 企業名
9 パソナグループ
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
75.1 79.9 63.5 59.0 69.6
順位 企業名
10 住友生命保険
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
74.5 67.8 74.0 68.1 75.0
順位 企業名
11 明治安田生命保険
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
74.5 62.3 79.7 71.8 78.0
順位 企業名
12 イオン
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
74.0 73.3 62.5 75.5 55.5
順位 企業名
13 ヤンセンファーマ
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
73.7 73.1 77.1 61.4 52.3
順位 企業名
14 カネボウ化粧品
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
73.2 74.2 70.8 56.9 67.5
順位 企業名
15 日本生命保険
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
71.7 62.7 78.1 69.7 61.5
順位 企業名
16 ソニー
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
71.6 68.2 66.7 66.5 69.9
順位 企業名
17 みずほフィナンシャルグループ
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
71.6 67.8 61.5 72.9 69.0
順位 企業名
18 日本イーライリリー
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
71.2 77.5 67.2 55.9 47.1
順位 企業名
19 大和証券グループ
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
70.9 67.8 62.0 71.3 66.0
順位 企業名
20 アクセンチュア
総合 管理職登用度 ワークライフバランス度 女性活用度 男女均等度
70.6 69.7 67.2 68.4 49.2
注:資生堂は資生堂、資生堂販売ほか国内の連結対象子会社で算出/セブン&アイ・ホールディングスはグループ7社を含む/ JTBはグループ本社を含む国内主要17社で算出/
リクルートホールディングスはグループ11社を含む/パソナグループはパソナグループとパソナで算出/イオンは主にイオンリテールとして回答/カネボウ化粧品はカネボウ化粧品販売を含む/みずほフィナンシャルグループはグループ4社を含む/大和証券グループは大和証券グループ本社と大和証券で算出

 「女性が活躍する会社Best100」は、国内の有力企業4293社を対象に実施。調査結果に基づいて作成した総合ランキングで2年連続1位の座を射止めたのが、魚谷率いる資生堂だ。男女ともに育児・介護をしながらキャリアアップできる会社へと変革すべく、女性リーダーの任用と人材育成の強化に取り組む姿勢が評価された。

 だがその資生堂が、2014年度に国内に約1万人いる美容部員の働き方に改革のメスを入れていたことはあまり知られていない。背景には、「育児時間制度」と呼ばれる時短勤務制度を取得する美容部員の数が、当初の想定を大きく上回るスピードで増えたことがある。

「Special Report」のバックナンバー

一覧

「資生堂が挑む“本音”の女性活用」の著者

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授