• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

全米一、移民が増える町・ナッシュビル

なぜ外国人は米国を目指すのか?

2015年6月2日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米南部のある街が世界の注目を集めている。それはナッシュビルだ。

 ナッシュビルと聞いて、すぐにどんな街か想像できる人は相当な米国通に違いない。ニューヨークやロサンゼルス、シカゴやマイアミのように直ちに名前のあがる観光名所ではない。カントリーミュージックとウイスキーの製造で有名な、どこか人をほっとさせるというような街である。

全米一、移民が増えている町

 そんな南部の穏やかな街が全米で注目を集めている。最も速いペースで移民の数が増えているのだ。

 2013年の米国勢調査によれば、ナッシュビルの人口63万4000人の11.9%、およそ7万5000人が移民に相当する。同市の公立高校の生徒の30%は自宅で英語以外の言葉を主に使っており、その言語の数は約140種類に及ぶ。

テネシー州に位置するナッシュビル

 米国における移民といえばメキシコからの移民を想像する人も多いと思うが、この街の移民の人種は多様である。メキシコ移民の数が多いのは確かだが、クルド人の数も多く、クルド人向け情報誌クルディッシュヘラルドが2010年に発表したデータによると、ナッシュビルにおけるクルド人の人口は1万1000人を数える。これは全米最多である。

 そのほかにも、ソマリア、スーダン、ミャンマー、ラオス、カンボジアなどからの移民も増えている。

コメント0

「骨とチップ ~膨張する大国、アメリカの一断面~」のバックナンバー

一覧

「全米一、移民が増える町・ナッシュビル」の著者

長野 光

長野 光(ながの・ひかる)

日経ビジネスニューヨーク支局記者

2008年米ラトガース大学卒業、専攻は美術。ニューヨークで芸術家のアシスタント、日系テレビ番組の制作会社などを経て、2014年日経BPニューヨーク支局に現地採用スタッフとして入社。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大量陳列、大量販売というのがある程度限界にきているのかなと思います。

松﨑 曉 良品計画社長