• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

安倍内閣、原発依存度「実質引き上げ」の真意

「増設」「リプレイス」はなし崩しに進むのか

2015年6月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

原発増設はなし崩しに進むのか(写真=学研/アフロ)

 経済産業省は6月1日、2030年の日本のあるべき電源構成(エネルギーミックス)を決定した。一般からの意見を募集する「パブリックコメント」を7月1日まで実施し、7月半ばに正式決定する。

 焦点だった原子力発電の割合は、総発電電力量1兆650億キロワット時を前提に20~22%とした。経産省の原案を有識者会議が認めた格好だ。LNG(液化天然ガス)火力27%、石炭火力26%、石油火力3%とした。再生可能エネルギーは22~24%だが、これには水力の8.8%~9.2%が含まれる。太陽光は7%、バイオマスは3.7~4.6%、風力1.7%、地熱1.0~1.1%となっている。

 安倍晋三内閣は昨年4月、第4次エネルギー基本計画を閣議決定し、原発を「重要なベースロード電源」と位置付けた。民主党政権が「2030年代に原発稼働ゼロを可能とするよう、あらゆる政策資源を投入する」とした方針を転換したわけだが、一方で、「省エネルギー・再生可能エネルギーの導入や火力発電所の効率化などにより、可能な限り低減させる」としていた。その具体的な姿を示したのが、今回のエネルギーミックスである。

実質的には依存度引き上げ

 今回決定した「長期エネルギー需給見通し」の文書の中に、「東日本大震災前に約3割を占めていた原発依存度は、20%~22%程度へと大きく低減する」と書かれているのは、基本計画の「可能な限り低減させる」という一文に従ったからだ。だが、現実は、2014年は原発の稼働はすべて停止されており、原発依存度はゼロ。実質的に、これを大きく引き上げることを決めたわけである。

 エネルギーミックスを議論する過程で、原発をどう位置付けるのか、ほとんど国民的な議論は行われなかった。安倍内閣は、世界最高水準の安全基準に適合したものから再稼働する、という方針は打ち出しているものの、原子力規制委員会での審査の遅れなどもあり、実現していない。

コメント21件コメント/レビュー

燃焼や爆発により二酸化炭素やPM2.5などの有害物、それに安全が証明されていない各種の化学物質が発生しますよね。それらも最終処分場は無い筈ですし、着々と人体や地球を蝕んでいる筈です。つまり「問題を見据えてきちんと議論することなく、時の流れにゆだねる」のは世界的傾向で、人類の旧弊でしょ?(2015/06/08)

「磯山友幸の「政策ウラ読み」」のバックナンバー

一覧

「安倍内閣、原発依存度「実質引き上げ」の真意」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

燃焼や爆発により二酸化炭素やPM2.5などの有害物、それに安全が証明されていない各種の化学物質が発生しますよね。それらも最終処分場は無い筈ですし、着々と人体や地球を蝕んでいる筈です。つまり「問題を見据えてきちんと議論することなく、時の流れにゆだねる」のは世界的傾向で、人類の旧弊でしょ?(2015/06/08)

原発の比率をどうするかという議論をまともにできないのは、反対派にも推進派と同じだけの責任があることを反対派は自覚しているのだろうか。日本の原発問題の一番の不幸は、安全に原発を推進しようとしていた人達を推進派、反対派の両方が非難して、実質消滅させてしまったことだ。結局、現状は推進派はいけいけどんどんだし、反対派は本当に原発による被害を無くそうとしているのか疑問だらけだ。原発事故が起きれば自分たちの主張をしやすくなると思っているのではないかと感じるほどだ。△私は原発がいま稼動しているタイプだけという前提の議論にきわめて疑問をもっている。あまり実績のない太陽光発電はばら色みたいにいうのに、超高温ガス炉、トリウム溶融塩炉、などの安全性が高いといわれる原発の開発にはまったく触れない。本当はこのあたりの原発と自然エネルギーとの比較なども検討すべきだと思うですけどね。(2015/06/07)

日経は原発推進の論調一色だと感じてきたが、そうでもない論考があって良かったと思ってコメントを見ると、推進論が多くてびっくり。本稿は、減らすようなふりをしながら実際には建設しないとならない枠組みになっている欺瞞性を取り上げているのであって、そこを見ないで原発必要論から批判するのは論点が違う。産業や安全保障のために原発が必要だと言う人は、自分の街に原発を誘致する運動をすればよいと思う。火中の栗(原発そのものだけではなく、原発を地元に作ろうとするときに起きる周りの人々との軋轢)を拾わずに、しかも「神話」にすぎなかったことが露呈している安全性や経済性を論拠に主張するのは、私には(無知でなれば)無責任に思える。(2015/06/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長