• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

どうしてクールビズでも、営業は「半袖シャツ」を着ない方がいいのか?

2015年6月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 環境省が音頭を取って2005年から始まった「クールビズ」は今年で10年目を迎えました。ノーネクタイ、ノージャケットという服装は多くの会社員に受け入れられました。

 ところで営業の人たちはクールビズをどう受け止めたらよいのでしょうか。意外と多くの営業が今でも悩んでいる事柄です。以下の問答を読んで「営業のクールビズ」について考えてみましょう。

○部下:「課長、凄い勢いで仕事をとってきていますね。今年も全社でダントツのナンバーワン、間違いなしですね」

●営業課長:「1位と言われてもなあ。社内で競争しているつもりはないし」

○部下:「なるほど、ライバル他社の営業と比較しているわけですか」

●営業課長:「いや、誰とも比べていない。自分だよ。過去の自分としか比べない」

○部下:「凄いですね……。憧れます。自分しか敵がいないって、なんだか大相撲の白鵬関みたいですね」

●営業課長:「あそこまではとても。ただ、マネジャーとして言うと、君たちが私を追い越すくらいになってくれると、とても嬉しい。大相撲で言う恩返しだな」

○部下:「……頑張ります。前から一度聞きたかったのですが、課長の原動力って何なのでしょうか。給料を上げることですか」

●営業課長:「沢山貰えたら嬉しいけれど、それがすべてじゃない。実際、賞与で少し上積みされるだけで部長よりはるかに少ない」

○部下:「え、そうなのですか。だとすると……」

●営業課長:「君はゲームをやるか?」

○部下:「ゲームですか。実はかなりのゲーマーです。戦国時代を舞台にしたゲームを結構やりますね」

●営業課長:「なぜゲームをするのかな」

○部下:「改めて考えたことがないですが……。ゲームをやっていると楽しいから、ですかね」

●営業課長:「私はゲームをしないから分からないが、クリアまで結構苦労するものなのか」

○部下:「頭は使いますね、かなり。苦労ということはないですが、イライラしたり、腹が立ったりする時もあります」

●営業課長:「それなら、どうしてやるのかね」

コメント18件コメント/レビュー

どうにも困った勘違いをして否定的な意見を寄せている方がおられますね。
ここでは、「ピシッと着こなす」ことが条件としてあげられており、そこには常識の範囲という暗黙の了解が含まれる文章です。
そして目的は、あくまでも営業マンが成績を上げたいのなら、という前提がある。汗ダラダラで周りから浮いた状態で営業周りをする人は対象とされていない。
言葉にはされていないけど、夏場でも長袖シャツに上着を持って、暑苦しくない見た目、印象を保つには、それ相当の準備が必要だと。そういうことは、横山氏が常、発せられるように、実際にやってみた者にしか分からないことなのでしょうが。(2015/09/03 15:12)

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「どうしてクールビズでも、営業は「半袖シャツ」を着ない方がいいのか?」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

どうにも困った勘違いをして否定的な意見を寄せている方がおられますね。
ここでは、「ピシッと着こなす」ことが条件としてあげられており、そこには常識の範囲という暗黙の了解が含まれる文章です。
そして目的は、あくまでも営業マンが成績を上げたいのなら、という前提がある。汗ダラダラで周りから浮いた状態で営業周りをする人は対象とされていない。
言葉にはされていないけど、夏場でも長袖シャツに上着を持って、暑苦しくない見た目、印象を保つには、それ相当の準備が必要だと。そういうことは、横山氏が常、発せられるように、実際にやってみた者にしか分からないことなのでしょうが。(2015/09/03 15:12)

またまたここでもネガティヴなコメントが。
ヨイショするわけじゃありませんが、記事のいわんとするところは、すこぶる正しい。スーツって長袖シャツ(半袖はむろん、長袖だろうがありゃ”下着”)にタイ、そして上着を着てこそスーツなのです。
南方の国、沖縄あたりでカジュアルなのは当たり前。暑いのはむろん、カジュアルが社会的認知をされているんだもの。
そういう意味では蒸し暑いわが国にクールビズなる習いが行き渡ったのは寿。小池百合子氏の、唯一のこれは功績かも知れませんね。
お客様がカジュアルで訪れた営業マンに「暑苦しいから上着を脱いで、ネクタイも外しちゃって」と仰るなら、これもまた社会的認知。それとあれとを混同しちゃいけませぬ。
あくまでもスーツは、バシッと着るからこそカックイイ。映画『ゴッドファーザー』にせよ日本の任侠映画にせよ、筋者(一本筋の入った者)はバッチリ決めてるじゃないですか。かっこよいから着る。それだけなんですけどね、要は。(2015/08/27 11:16)

現地メーカー相手に25年以上欧米を中心に、10年ほどは新嘉坡、マレーシア、台湾でもトップセールスしていますが、夏に長袖でスーツを着てネクタイをしている人は誰もいないですね。私は半そでのカラーシャツでネクタイだけはしていきますけど。金融関係では別なのかも知れませんが、大手メーカーでは欧米では部長級や役員級でもカジュアルな服装の人ばかりです。私も昔は新嘉坡でもスーツを着ていましたが、必要がないことが分かりました。(2015/08/26 15:45)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授