• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

キューバ、消えつつある革命の残り香

グローバリゼーションの辺境(1)

2015年6月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 その国は、我々が暮らしている世界に表面上は似ている。

 市街地には年季の入った石造りの建物が建ち並び、数多くの自動車が行き交っている。街中のカフェにはコークやピザがメニューに並び、オシャレな格好をした若者が携帯電話を片手に談笑している。それぞれの家庭を覗けば冷蔵庫やテレビは普通にあり、慢性的な電力不足ではあるが電力や電話などインフラも悪くない。刺すような日差しと湿気を伴った海風は、ここが南国だということを気づかせる。

どんなに貧しくても飢えて死ぬことはない

若者の格好は先進国と変わらない

 もっとも、人々の暮らしをよく見ると、我々の世界と異なるところもまた多い。

 市内を走る車はオンボロばかりで、ガソリンの質が悪いのか、マフラーは白煙を上げている。通りに看板らしきモノはほとんどなく、ニューヨークで当たり前のホームレスもここにはいない。スーパーに行けば商品は驚くほど少なく、冷凍の鶏肉はしばしば目にするが、牛肉や豚肉、卵を目にすることはまずない。牛乳も、大半が長期保存可能なロングライフである。

市内を走る車はオンボロばかり

 反面、教育費は無料で、試験こそあるが望めば大学まで進学することができる。医療費もタダで、病院に行けば数多くの市民であふれかえっている。日々の基礎的な食糧は配給で、どんなに貧しくても飢えて死ぬことは基本的にない。一人あたりGDP(国内総生産)は6833ドル(2013年)で途上国に分類されると思われるが、想像を絶する貧困が広がるほかの中南米の途上国とは様相が異なる。

 不思議なところはほかにもある。高学歴の医者や官僚の給料は低く、ホテルのメイドや駐車場の管理人が高給取りだ。町の地下にはトンネルが張り巡らされていて、有事の際は国民一人ひとりが武器を取る。スマホやパソコンの所有者こそ増えているが、インターネットにはつながらず、移動手段が限られているためか、ヒッチハイカーも少なくない。

 そんな不思議なこの国はキューバ。カリブ海に浮かぶ社会主義国家である。

コメント5

「○○支局長の「辺境を視に行く」」のバックナンバー

一覧

「キューバ、消えつつある革命の残り香」の著者

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官