• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「女性が農業やって困ることは?」「困ってません」

スゴ腕農業女子、「違和感」について語る

2015年6月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回のテーマは「就農」。ふつう会社に勤めることは就職と言い、自ら会社を興こせば起業と言う。なぜ農業はほかの仕事と区別し、あえて就農と表現するのか。そこには、ほかの仕事を選ぶのとは違う独特のニュアンスがある。農業を職業に選ぶことに伴う、ある種の「重さ」と言ったらいいだろうか。

 このテーマで取材に答えてくれたのは、伏見友季さん。茨城県土浦市のカリスマ有機農家、久松達央さんのもとで働く農場長だ。彼女のものの見方の根っこには、農業の特殊性を強調する考え方への違和感がある。農作業にどっぷりつかりながら、外の世界の視点も失わない彼女の言葉を通し、就農とそして農業についてあらためて考えてみたい。

農園主になるつもりはない

農業を始める若者についてどう思いますか。

「地域のための農業は重い」と話す伏見友季さん(茨城県土浦市の久松農園で)

「『一生かけて』じゃないけど、就農する人たちは、それなりの思いと覚悟をもって農業を始めるんだと思う。でも、自分でやるのか、それとも農場で働くのか、何が好きで何をしたくて農業をするのかを整理したうえで、『よし、自分でやろう』って決めてるのかなあ」

「『農業をやりたい』って思ったとき、そういう選択をしているのかというと疑問。農業法人で働くのは、言われたことをやるだけの作業員というイメージなのかなあ。私はそうじゃない。そういう働き方をしている人もいることを知れば、法人に入るんでもよかったと思うんじゃないでしょうか」

独立しようとは思いませんか。

「私ははじめから、『独立して農業をやろう』っていう熱い思いは全然ない。料理教室で先生をしていたとき、自分でつくった野菜で料理をつくって出すお店を経営できたら理想だなあって思ったんです、単純に。農園主になろうとはまったく思わなかった」

コメント3

「ニッポン農業生き残りのヒント」のバックナンバー

一覧

「「女性が農業やって困ることは?」「困ってません」」の著者

吉田 忠則

吉田 忠則(よしだ・ただのり)

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック