• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

主要9政党のネット選挙戦略をチェックせよ

2013年7月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ネット選挙解禁後の初の選挙となる参議院議員選挙。各政党は果たして今回の参議院選挙にどのように臨むのか? 2012年に行った日経ビジネス『国会議員のIT利用調査』とどう変わったのか? 昨年から継続しての各党調査に加え、今回は、参議院選挙に挑む各候補者のホームページ、ブログ、フェイスブック、ツィッターなどの利用状況を調査し、参議院選挙に候補者を擁立する主要9政党のネット選挙の戦略に追った。(日本政策学校・政治とIT研究チーム)

自民党:勢いづく自民党、ソーシャルメディアの積極活用を加速

 自民党は、党として公式ホームページ、フェイスブック、ツィッター、ユーチューブ、ニコニコ動画、LINEを用意し、さらに専用の携帯アプリを多数リリース。自民党は昨年以上に「ネット」を活用している。自民党所属の参議院候補者でみれば、ホームページ、フェイスブックを利用する候補者が9割以上と、昨年とうって変わりフェイスブックはすでに当たり前の状況である。ツィッター、ブログは約4割。党として、ネット選挙に備え、候補者のネット利用を支援していることがうかがえる。

 自民党はネット選挙解禁に向け、国内IT企業とタッグを組んだ新組織「トゥルースチーム」を立ち上げ、ソーシャル・リスニング(世論動向分析)を実施することも表明している。全候補者にタブレット端末を配布し、リアルタイムでネット上の有権者のニーズの分析結果を候補者と共有していく予定だ。これにより、候補者は、地域で有権者が求めている政策ニーズ、また対立候補の政策をリアルタイムで確認することができ、討論会や街頭演説の一助になると思われる。

 「トゥルースチーム」のもう1つの役割は、ネット上のネガティブな情報への対策である。ネット上の書き込みのチェックをデータの分析業者に委託し、ネット上の事実と異なる情報や、なりすまし、違法な書き込みなどへの対応を行う。ネットの有用性と危険性を知っている自民党ならではの対策である。

 また今回、自民党がネット戦略の柱の一つと据えるのが「スマートフォン向けアプリ」。既に4つのアプリをリリースし、更なるアプリも用意する予定。「自民党はアプリで全てがわかります」(ニコニコ動画。平井たくやネットメディア局長)と、アプリへの自信を滲ませている。

 昨年のネット利用度調査時は、「政権与党は、(重要な立場にあるため)ネット利用を控えるしかなく、ネット利用は野党に有利」(民主党議員)との指摘があったが、今回の自民党については、それは該当しない。高い安倍首相の支持率を背景に、「あべぴょん」などの公式ゲーム(!!)もリリースし、政権与党として、最先端のネットツールを駆使し、ネット選挙へ臨む構えだ。

コメント0

「国会議員とITの調査~2013年参議院選挙版」のバックナンバー

一覧

「主要9政党のネット選挙戦略をチェックせよ」の著者

金野 索一

金野 索一(こんの・さくいち)

財団法人日本政策学校・代表理事 / 多摩大学経営大学院・客員教授

コロンビア大学大学院国際公共政策大学院修士課程修了。平成維新の会・政策スタッフ、政策学校・一新塾、起業家養成学校アタッカーズ・ビジネススクールの経営、公益財団法人東京コミュニティ財団評議員等を経て現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長