• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「老人を廃車のように扱う国は文明国とは言えません」

103歳の日野原重明氏が講演で「前進、前進、前進」と叫んだ

2015年6月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 聖路加国際病院の日野原重明名誉院長は2015年4月13日、国立京都国際会館で開かれた日本医学会総会で「日本における高齢化と真の健康社会」と題して記念講演をした。103歳の日野原氏は30分間立ったままで熱弁し、「前進、前進、前進!」の掛け声で講演を締めくくった。本記事では、講演の中で日野原氏が特に力を込めて語ったポイントを紹介する。杖をついて退場する日野原氏が、途中で会場に向き直って両手を振り上げガッツポーズを作ると、会場は万雷の拍手に包まれた。

聖路加国際病院の日野原重明名誉院長は日本医学会総会で「日本における高齢化と真の健康社会」と題して記念講演をした(写真:山田哲也、以下同じ)

初公開 病院経営力ランキング

 まず高齢化について、お話ししましょう。

 60年前の日本の平均寿命は男性が50歳、女性が56歳でした。

 2013年になりますと、女性は86歳、男性も80歳になりました。平均寿命が大変延びていることが分かります。

103歳の日野原氏は30分間立ったままで熱弁した

 もう一つのデータを見てみましょう。日常生活を支障なく送れる健康寿命です。こちらは男性が70歳、女性は74歳です。つまり男性は9年、女性は12年以上、要介護や寝たきりの状態になっているということです。

 とくに男性の場合、仕事を引退すると社会的に孤立して、早く死んでしまう傾向があります。存在理由、生存理由、簡単に言えば、張り合いがなくなってしまうわけです。

 ここで申し上げたいのは「老化」と「老い」は違う、ということです。生物学的な衰退現象である老化を止めることはできませんが、人間的な概念である老いは、生きがいを持つことで避けられます。

 では生きがいとは何か。(日本の精神科医の草分けである)神谷美恵子さんは著書『生きがいについて』の中で「自分が誰かのために必要であること」が生きがいだと言っています。自分が「したい」と思うことと、なすべき「業務」が一致することも生きがいでしょう。

 『かくれた神』を書いたオーストリアの哲学者、マルティン・ブーバーは「人は創(はじ)めることを忘れなければ、いつまでも若くある」と言っています。

コメント7

「日野原・稲盛 魂の提言 日本の医療を救え」のバックナンバー

一覧

「「老人を廃車のように扱う国は文明国とは言えません」」の著者

大西 康之

大西 康之(おおにし・やすゆき)

ジャーナリスト

日本経済新聞産業部記者、欧州総局(ロンドン)、日経ビジネス編集委員、日本経済新聞産業部次長、産業部編集員などを経てフリーのジャーナリストに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長