• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第1回】高キャリア、高収入の女性がモテる?!

パートナーは35歳以下の男性たち

  • 白河桃子

バックナンバー

2006年5月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 筆者はこれまで、女性のライフスタイルに関する取材を数多く手がけてきました。このコラムでは、こうした取材を通じて得た、働く男女の意識の変化、少子化の原因である未婚事情などについて触れていきたいと思います。記事の中では、女性のライフスタイルに関する用語について「女性用語の基礎知識」として筆者なりの解説も加えていきます。

     ◆     ◆     ◆     ◆

 さてここ数カ月、未婚、晩婚、少子化などに関するインタビューをしていて感じるのが、男子たちの変わりよう。これまで、「変わらない」「変われない」「変わらなきゃ」と言われ続けてきた日本男子が、最近劇的に変わってきたように思う。どう変わったか、というと…。

 例えば、「結婚したら、奥さんに家にいてほしいですか?」という質問をしてみる。するとバブル期は、「どちらでもいい。でも、家にばかりいないで、趣味でも仕事でもいいから、社会とつながりを持ち続けて、輝いていてほしい」と答える男子が多かった。これを翻訳すると、「(外に出てもいいけど)オレの稼ぎで、家の中もちゃんとしてほしい」ということになる。バブル期は、“専業主婦の妻”を持つことが夫のステータス。一方女の方は、本心では「専業主婦じゃ飽き足らない」と思っていても、とりあえず「まずは、しっかり“永久就職先”を確保しなくちゃね。結婚してからは、好きな仕事を趣味程度にやるの」という「VERY(注1)」コースがお決まり。現にバブル期は、キャリア女性もたくさん輩出したけれど「結婚退職(注2)」も多かった。結婚したら、不文律の圧力により女性が退社しなければいけない会社もあったくらい(私の働いていた、某有名商社もそうでした)。

 ところがバブル崩壊後、先ほどと同じ質問をすると「結婚後働くかどうかは、彼女の自由。でも、子供ができたら仕事を辞めてほしい。やるなら、パート程度でいいんじゃないかな」という男子が増えてきた。翻訳すると「バブル崩壊以降、給料も上がらなくてちょっと苦しいから、お小遣い程度は稼いでね。でも、僕が家に帰った時は電気がついていて、暖かいご飯が待っている方がいい。もちろん、僕の年収は上回らない程度に働いて、子供ができたらちゃんと育ててね」。

コメント16

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員