• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

仕事に“女を使う”のは是か非か?(後編)

企業の“タブー”のひとつを議論する

2006年4月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ワーキングウーマンたちを、共に働く男性はどう見ているのか。前編に引き続き、『成功する会社の「女性力」』著者の梅森浩一さんに「真の女性力」について話を伺う。

 仕事がうまくいった時、女性の場合「あいつは“女を使った”からだ」といわれることが、多かれ少なかれあるものだ。こんなとき、どう対応すべきなのか。そもそも、“仕事に女を使う”とは、どういうことなのか。その是非は? これは、梅森さんの著書『成功する会社の「女性力」』の中でも12ページを割いたテーマになっている。

 公の場で、この件に触れる人はあまりいない。「この問題は、企業における“プチタブー”ですから」と梅森さんは答える。「そしてこのテーマは、僕の本の中でキモになる部分なのです」。梅森さんは著書の中で、ロンドンの金融街に勤務する女性ディーラーのエピソードを挙げている。このディーラーは男性を食事に誘い、その代わりに債券を購入してもらい、自分の営業成績を上げていたというのだ。梅森さんはこの女性の行動についてどう感じるかを、読者に問いかけている。女性の読者は、自分だったらどうするのか。男性上司が読者の場合、部下にこのような仕事をさせるのか。

 梅森さんは、こう指摘する。「例えば、なぜか理由がわからないけど仕事がうまくいった、という時があるでしょう。逆に、なぜかわからないけど失敗した、ということもあると思う。コミュニケーションがうまくいって仕事が成功した場合、それは、表現はよくないけれど、“女をうまく使った”からかもしれない。そういうことは、おおむねあると思いますよ」。ただ、問題はそれを本人が意識しているかどうかだ、と言うのだ。

コメント3

「男性の視点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師