• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

独身女性を応援する、大人のためのアニメ「erico」

20~40代の女性プロジェクトチームが制作に携わる

  • 平島綾子

バックナンバー

2006年4月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 33歳、独身のワーキングウーマンを主人公にしたTBSのアニメ「erico」。タレントの眞鍋かをりが初めて声優にチャレンジし、3月19日深夜にテレビ放映されてから、スポーツ紙などでも話題になっている。今回は「erico」のプロジェクトチームに、企画・制作までの経緯を伺った。
 
 このアニメは、大手映画配給会社に勤務する独身女性ericoの日常を描いた、涙あり笑いありのコメディ。筆者は現在34歳だが、作品を見ると「あ、これはまるで私…」と共感することしきり。その上、ただ面白いだけではない。アニメの制作過程には、様々なビジネスエッセンスが詰め込まれていたのだ。
 

“萌え”でなく“等身大”の女性を主人公に

 アニメの女性主人公といえば、昨今は“萌え”と呼ばれるキャラクターが全盛。しかし「erico」では、独身のビジネスウーマンが主役だ。これは、発案者の山口泰広さん(TBSテレビ技術本部技術局開発センター兼美術センター兼美術デザイン部)が、「アキバ系の“萌え”ではなく“等身大”の女性キャラクターを作りたい」と考えたのがきっかけ。「昼間はバリバリ仕事をしているのに、夜になると飲んだくれる(笑)。…こんな、身近にいる女性の姿がとても面白かった。この作品では、こうしたリアルな女性を表現したいと思ったのです」。山口さんのアイデアに、和田のり子さん(TBSテレビ技術本部技術局開発センター兼CG事業本部コンテンツ事業局兼総務局国際部部次長)や山田亜樹さん(ビーエス・アイ編成本部編成部編成課兼制作部)が賛同。和田さん、山田さんの2人がプロデューサーとなり、2005年9月にericoプロジェクトは始動した。

コメント0

「健康・美容・教養」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長