• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【新連載 2回】 問題解決を請け負う
ウルトラマンを養成 

「次世代リーダーの条件」星野リゾートその1

  • 眞木 和俊

バックナンバー

2006年6月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「星野リゾート」。皆さんも最近テレビや新聞などのメディアでその名を目にするのではなかろうか?

 星野リゾートは「エコツーリズム」をモットーに、「リゾートの達人」としてのホテルサービスの提供の実現を目指している会社だ。

 良く知られているのは、山梨県にあるリゾートホテル「リゾナーレ小淵沢」を皮切りに始まったホテルやリゾートの再生事業だ。2003年には福島県のリゾートホテル「アルツ磐梯」、北海道の「アルファトマム」の支援を引き受け、出資と人材派遣を行ってきた。

「リゾート再生請負人」を養成する

 その原動力となっているのが、3代目社長の星野佳路(よしはる)氏の考えた「リゾート再生請負人」の養成派遣の仕組みである。

 星野社長の表現をお借りすれば、「問題解決のウルトラマン」。困ったときに現れて、3分間ならぬ3カ月間で問題解決を図る頼もしい存在という意味だそうだ。(図1)

 もちろん、企業再生という難題がそう易々と解決できるわけではなく、ウルトラマンがぞろぞろと飛んでくるわけでもないが、このような仕組みを考え付かなければ、初めからできない相談である。

 では、どうして軽井沢の老舗旅館がこのような経営に打ってでたのか?

コメント0

「ザ・チェンジエージェント-変革DNAの研究」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員