• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第1回】呉服屋「伊勢由」4代目 千谷美恵さん【前編】

銀行の支店長から呉服屋の女将に
転身した業界は「男の世界」だった

  • 白河桃子

バックナンバー

2006年10月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

呉服屋「伊勢由」常務取締役の千谷美恵さん(写真:稲垣 純也、以下同)
呉服屋「伊勢由」常務取締役の千谷美恵さん(写真:稲垣 純也、以下同)

 男女雇用均等法施行から20年、企業の女性活用の本気度がリアルに感じられる今日この頃だが、最近気になる女性たちがいる。それは女性の“跡取りさん”。今まで家業といえば、だいたいは長男もしくは娘婿が継ぐという流れだった。しかし最近ちらほらと、家業を継ぐ女性が登場しているのだ。

 友達の家業などを見ていると「あの家は、お兄ちゃんよりも妹が継いだ方がよかったんじゃないの? だいたい妹の方が優秀だし…」と思うことがたびたびあったので、この流れにはとても興味をそそられる。

 娘たちは、家業をどう支えていくのか? 嫁に行かせるもの、外に出すもの、または婿を取らせるものと思っていた娘たちが、事業に参加したいと表明した時の、父親の心境は? 女性が家業を継ぐことの、メリットとデメリットは何か? 斜陽産業を再生するのは、“跡取り娘”パワーなのか? 家業の経営者として活躍中の女性たちのインタビューを通じて様々なビジネスへのアプローチが、そして均等法以降の女性たちの働き方が見えてくる。

銀座の呉服屋「伊勢由」4代目は3人姉妹の三女

 銀座は金春通りに店を構える老舗の呉服屋、「伊勢由」。季節の反物やかわいらしい染の小物などが並ぶ店を訪ねると、奥から控えめな、それでいて粋な和服姿の若女将が現れた。彼女が創業138年の伊勢由4代目となる、千谷美恵さんだ。母親の光世さんは、既に銀座生活60年。銀座を代表する女将として、女性誌の特集などにもしばしば登場する、「銀座の顔」といった存在。店では必ず和服という娘の千谷さんも、しっとりと板についた若女将ぶりだ。

 千谷さんが家業を継ぐことを決め、着物を着始めた頃は、帯の下などに汗をかくことが多く、あせもができて皮膚科に通ったこともあるとか。しかし「8年間毎日着物を着ていると汗腺が変化するせいか、最近はほとんど汗をかかなくなりました」と言う。

 若女将の千谷さんは、実は伊勢由にお嫁に来たのではなく、この家の3人姉妹の三女。しかも前職は、シティバンク銀座支店長まで務めたというキャリアウーマンだ。以前、女性誌の取材で母親の光世さんにインタビューした時、傍らで微笑む千谷さんにとても興味をそそられた。1965年生まれでバリバリの「均等法世代」、しかもアメリカ留学経験のある千谷さんが、なぜ外資系企業でのキャリアを捨て、銀座の老舗の跡取りの道を選んだのだろうか?

 「最初は、家業に関心はなかったんです」と千谷さんは言う。「立教大学在学中に交換留学でアメリカに留学し、帰国して24歳の時にシティバンクに就職しました。シティバンクを選んだのは、ちゃんと働けるところに行きたかったから。当時は女性の総合職といえば、外資系企業くらいしかなかったからです」

 彼女が24歳の時といえば、バブルの最中。均等法施行元年の女性総合職はまだ少なく、希少価値があった。「女性総合職を採用しました」という企業のPRにはなったが、実際には採用した総合職女性たちを企業がまだ使いこなせていない状態で、特に日本企業の女性活用はお寒い状況だった。

 しかし、バブルの日本に進出してきていた外資系金融に、多くの女性たちがなだれ込んだ時期でもある。シティバンクは一番上り調子の拠点を拡大していた。千谷さんの同期は90名で半数は女性だった。

コメント0

「「跡取り娘」の経営戦略」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長