• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【本田宗一郎・生誕100年】  
駄洒落、冗談好き 松下幸之助との意外な共通点

『俺の考え』で読み解く本当の経営思想(その5)

  • 木内 一朗

バックナンバー

2006年12月4日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回が5回目となる本田宗一郎シリーズだが、今回もスタートは1枚の図からです。

図1

 本田宗一郎著の『俺の考え』をもとに、あなたと「見えない宗一郎」を見るために、(僕が)宗一郎になったつもりで描いた、彼の思考の流れを探る1枚の図である。

 今回は、この1枚の図の最後に残る「ジョーク」の登場であるが、

 ジョーク?

 なんか、違和感を感じられるかもしれない。確かに、これまでの「時間」「アイデア」「組織」「平等」といった教科書的なキーワードに比べると、このジョーク、何となくやんちゃな響きがある。しかも、1枚の図の中にも“矢印に効用が描かれているだけ”で、位置づけが違うのは明らかであろう。

では、このジョークの存在意義は何か。今回も『俺の考え』にある宗一郎の言葉頼りに、素直にフォローして、宗一郎ならでは思考の流れを追いかけてみる。

宗一郎はジョークの人?

 そう思わせるくらい宗一郎著の『俺の考え』にはジョークにまつわるフレーズが多い。だが、宗一郎が「駄洒落オヤジ」ということではない。一連のジョークにまつわるフレーズを順番に読み進めていくと、「論理大好きオヤジ」に思えてくるから不思議である。そこのところを解説を加えながら、主だったところを読み解いていこう。

コメント6

「ビジネスリーダー講座」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官